スマホの使い過ぎで首、後頭が痛い?ストレートネックと後頭神経痛を解説!







スマホの使い過ぎで、首や頭の後ろが痛い!

その症状は、スマホ症候群のひとつとされる「スマホ首」かもしれません。

 

近年のパソコンやスマホの普及で、首や後頭部の痛みに悩む人が急増しています。

モニターや画面を注視し続けると、自然と顔が肩より前に出てしまい、首や肩に大きな負担がかかります。

また、仕事や趣味などにおける、長時間の下向きや猫背という「不良姿勢」は、さまざまな不快症状を招いてしまいます。

 

今回は、その中でも多くの人が患う「ストレートネック」「後頭神経痛」をとりあげて詳しく解説していきます。

痛みを和らげる対策もご紹介しますので、パソコンやスマホが仕事や日常生活に不可欠という人は、ぜひ参考にしてください。

 

スマホ首も後頭神経痛も、スマホ症候群の症状

スマホ症候群とは、スマートフォンやタブレットの長時間使用において、不良姿勢や過労、関節や筋肉の酷使などがひきおこす症状の総称です。

その症状としては、

  • 首や肩のコリや痛み
  • 目の疲れやドライアイ
  • 手指や手首の腱鞘炎
  • 手のしびれや肘の痛み
  • 頭痛や吐き気
  • めまいや耳鳴り

など多岐にわたります。

 

首に症状があらわれる「スマホ首」の中でも、頚椎(首の骨)のカーブが失われ、まっすぐになった状態を「ストレートネック」と呼びます。

また、首の後ろの筋肉が硬くなって頭痛がおこる神経痛が「後頭神経痛」です。

 

今回はこの「ストレートネック」「後頭神経痛」について詳しく説明していきます。

 

下向き、猫背の不良姿勢で首が痛い「ストレートネック」

長時間の下向きと猫背で、ストレートネックになると、首に痛みが生じます。

 

首の骨の正常なカーブが失われると、頚椎に障害が!?

人の背骨は、横から見るとS字を描くことで、上体の重さを吸収するスプリングの役割を担っています。

正常な頚椎では、前方凸の緩やかなカーブを描いて、重い頭(体重の約10%)を支えています。

 

デスクワークや作業、家事や趣味などで、長時間下を向いていると、7つの頚椎がつくる正常なカーブが失われていきます。

首を下に曲げる姿勢を継続することで、首の筋肉や椎間板に負担をかけてしまう、ストレートネックの状態になりかねません。

さらに首の痛みを我慢してこの不良姿勢を続けると、神経や血管が圧迫されて、さまざまな症状に悩まされることになるでしょう。

 

また、パソコンなどのモニターを、顎を突き出して覗き込み、猫背で作業を続けると、頚椎のカーブが増してきます。

首を反らす姿勢は、首の筋肉や関節に負担をかけるので、頚椎の変形や靭帯の肥厚をおこしやすくなるでしょう。

 

不良姿勢による頚椎への負担は、椎間板や関節、靭帯などの障害を引き起こし、首の脊柱管狭窄症に至る場合もあるので注意が必要です。

 

ストレートネックの症状と治療

ストレートネックになると、首や肩のコリや痛みを強く感じ、上を向きづらくなります。

さらに進行すると、腕や手の痺れ倦怠感頭痛吐き気めまい耳鳴りなどの症状があらわれるでしょう。

 

整形外科では、X線検査でストレートネックを確認し、MRIなどで他の頚椎疾患との鑑別が行われます。

痛みが強いときは、患部の安静とアイシング、消炎鎮痛剤の内服と外用(湿布や塗薬)が処方されます。

痛みのピークを過ぎたら、温熱療法や電気治療と運動療法などの理学療法が施されます。

さらに姿勢を含む生活習慣の改善と、筋肉トレーニングなどが勧められるでしょう。

 

こんな首の痛みは要注意!

首から肩や背中、腕や手指に痛みや痺れ、感覚が鈍い、力が入らないなどの症状がみられたら、要注意です。

  • 頚椎捻挫(むちうち症)
  • 変形性頚椎症
  • 頚椎症性神経根症
  • 頚椎症性脊髄症
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)

などの疾患が疑われます。

 

また、甲状腺リンパ節唾液腺下咽頭食道皮膚などの病気がかくれている場合もあります。

普段と違う症状があるときは、かかりつけ医に相談してください。

 

※首の痛みの詳細は、こちらの記事も参考にしてください。

突然首が痛む?そんな時に考える病気は?原因と対処法について

 

長時間の下向きで、頭が痛くなる後頭神経痛

後頭神経痛は、「大後頭神経」「小後頭神経」「大耳介神経」が頭に痛みをおこす神経痛の総称です。

長時間下向きのスマホ操作などで、疲労して硬くなった首の後ろの筋肉が、これらの神経を圧迫して発症します。

また、緊張型頭痛やむちうち症、変形性頚椎症の患者さんなども発症しやすいとされています。

 

後頭神経痛の症状は?

後頭神経痛の症状は、突然首の後ろから後頭部に痛みが走り、その痛みが耳の後や側頭部、頭の頂上や上あごなどに及ぶこともあります。

主に皮膚の表面に、ビリビリ・ジンジン・チクチクするような痛みを感じます。

やがて電気が走るような痛みを繰り返し、悪化すると、指で軽く触れただけでも激痛が生じるようになります。

 

強いストレスを受けたり、雨の前日に発症しやすく、数秒間から数時間の痛みが、数週間持続することもあるでしょう。

 

後頭神経痛の診断と治療

後頭神経痛はその症状と、髪の毛の生え際で、後頭骨と首の筋肉の境目にある圧痛点で診断します。

ぼんのくぼの上にある後頭骨の出っ張りの外側、約2.5cmから大後頭神経が、さらにその約2.5cm外側から小後頭神経が出ており、押すと強く痛みます。

脳の疾患が疑われる場合は、鑑別のため画像検査がおこなわれるでしょう。

 

神経内科やペインクリニックでは、神経痛の内服薬の処方やトリガーポイント注射、神経ブロック注射が施されます。

なお、消炎鎮痛薬は無効で、三叉神経痛の特効薬「カルバマゼピン」が有効との報告もあります。

※後頭部を強くマッサージすると、神経を傷つけてしまい、症状が悪化することもあるのでご注意ください。

 

こんな頭痛は要注意!

  • 頭をぶつけたり、コンタクトスポーツのあとに続く頭痛
  • 突然の激しい頭痛
  • 手足の動かしづらさを伴う就寝時の頭痛
  • めまいや声のかすれを伴う後頭部の激痛
  • 微熱がある中高年のこめかみの痛み

※脳や血管などの疾患が疑われますので、至急専門医を受診してください。

 

※頭痛の詳細は、こちらの記事も参考にしてください。

つらい頭痛の原因は?頭痛に効くツボ、マッサージ、ストレッチを紹介!

 

ストレートネックと後頭神経痛のセルフケア

病院での治療と並行して、症状を和らげる体操やテーピングなどを試してみてください。

 

首の後ろのコリを和らげる体操のコツは?

一般的な首や肩の体操に少し手を加えると、より効果的な運動療法になります。

 

〈下を向いて、首の後ろの筋肉を伸ばす体操〉

  1. 首の後ろの筋肉をさぐり、コリや押して痛む箇所を見つけます
  2. コリや圧痛点のすぐ下に、指先の腹をしっかり当てて、下方(背中の方)へ軽く引きます
  3. そのまま、首をゆっくりと前に曲げていきましょう
  4. 首の後ろの筋肉と筋膜が、ここちよく伸びるのを感じながら、10~20秒保ちます

※首のコリを感じたときや、起床時と入浴後などに行うとより効果的です

 

 

〈上を向いて、首の後ろの筋肉を縮める体操〉

  1. 首の後ろの筋肉をさぐり、コリや押して痛む箇所を見つけます
  2. コリや圧痛点に、指先を軽く当てたまま、首を2秒かけてゆっくりと反らしていき、上を向きましょう
  3. つぎに、首を2秒かけて元の位置にもどします
  4. 首の後の筋肉を縮めて伸ばす運動を、痛くない範囲で3回繰り返して終了
  5. 他にコリや圧痛点があれば、同様に軽く指先を当てて、縮めて伸ばす運動を3回繰り返します

※首のコリを感じたときなどに、随時行ってください

 

 

〈肩をすぼめて、首から肩の筋肉を緩める体操〉

  1. 首の後ろから肩先までの筋肉をさぐり、コリや押して痛む箇所を見つけます
  2. コリや圧痛点に、指先を軽く当てたまま、肩を2秒かけてゆっくりと上げていき、肩をすぼめます
  3. つぎに、肩を2秒かけて元の位置にもどしましょう
  4. 首から肩の筋肉を縮めて伸ばす運動を、痛くない範囲で3回繰り返して終了
  5. 他にコリや圧痛点があれば、同様に軽く指先を当てて、縮めて伸ばす運動を3回繰り返します

※肩のコリを感じたときなどに、随時行ってください

 

超簡単!あおむけゴロ寝

三井弘整形外科・リウマチクリニック院長が推奨する「あおむけゴロ寝」は、首の痛みを軽減させる簡単な方法です。

畳やフローリングに、手のひらを上に向けて、大の字に寝るだけで、首の筋肉の休息と頚椎の矯正が期待できます。

 

また、仰向けで後頭部を床に押しつける筋トレ(20秒を2~3回)は、首の後ろの筋肉が鍛えられるので、ストレートネックの改善に有効でしょう。

 

首コリや後頭痛には、テーピングが有効

患部に、市販されている伸縮性のテープを、引っ張らないで貼ってください。

 

「後頚筋Hテープ」は、長時間同じ姿勢の作業で首の後ろがこり固まり、後頭部に鈍痛が続くときに有効なテーピングです。

緊張していた首の後ろの筋肉がほぐれて、血行がよくなり頭痛も軽減しやすいでしょう。

 

<後頚筋Hテープ>

  • 幅2.5cm、長さ15cmのテープを2本
  • 幅2.5cm、長さ10cmのテープを1本

 

  1. 首を前に曲げ、長さ15cmのテープの端を、髪の生え際の中央からやや右側に付着させます
  2. そのまま、首の骨のわきに沿って、下へ向け貼っていきましょう
  3. 左側も同様に、長さ15cmのテープを、髪の生え際から背中に向けて貼ります
  4. 首をまっすぐに戻して、首の一番痛い箇所に、長さ10cmのテープの中央を、横向きに付着させます
  5. 縦に貼った2本のテープと交差させるように、横に貼っていき完成です

 

<肩こりを伴う場合は、「上僧帽筋テープ」を追加>

  • 幅2.5cm、長さ20cmのテープを2本

 

  1. 首を左横に倒し、テープの端を、右側の肩先に付着させます
  2. そのまま、右肩から首の右横、髪の生え際まで貼っていきましょう
  3. 左側も同様に、首を右横に倒し、左側の肩先から、首の左横に向け、髪の生え際まで貼り完成です

 

痒くなければ2日くらい貼り、入浴でテープが濡れたら、ドライヤーで乾かしてください。

痛みが強くなったり、痒いときは使用を中止してください。

 

トリガーポイント療法で痛み軽減

不良姿勢による筋肉のシコリが、首や頭の痛みの原因になることがあります。

スマホで負担がかかる筋肉を押して、患部にひびくシコリをあれば、そこがトリガーポイント(治療点)です。

 

「3~4秒押して、パッと離す」を数回か、「30秒間押し続けてパッと離す」を2~3回試してみてください。

押す強さは、痛きもち良いくらいの強さで十分です。

症状が悪化するときは、中止してください。

 

〈後頚部の痛み〉

  • 板状筋群……首を後ろに反らしたときに緊張する、後頚部の筋肉の中央(首の中心から外側へ指幅1本)
  • 僧帽筋……肩をすくめたときに緊張する筋肉の中央(首の付け根と肩先を結んだ線の中央)
  • 肩甲挙筋……側頚部(首の横)の中央で、肩をすくめたときに緊張する筋肉
  • 斜角筋……首を横に倒したり、回すときに緊張する、側頚部の筋肉
  • 棘下筋……肩甲骨の下半分にある筋肉のやや外側

 

〈後頭部の痛み〉

  • 僧帽筋……肩をすくめたときに緊張する筋肉の中央(首の付け根と肩先を結んだ線の中央)
  • 胸鎖乳突筋……乳様突起(耳の後にある後頭骨の出っ張り)から、鎖骨と胸骨(胸の中央の骨)までの筋肉の上・中・下部
  • 板状筋群……首を後ろに反らしたときに緊張する、後頚部の筋肉の中央(首の中心から外側へ指幅1本)
  • 後頭下筋群……後頭骨のキワで、首を後ろに反らしたときに緊張する筋肉

 

スマホの画面は、顔の正面に!

外出先(電車の中など)で、腰かけてスマホなどを操作するときは、どうしても姿勢が悪くなります。

膝の上で操作を続けると腕は楽ですが、下向きで猫背の不良姿勢になるので、首から背中に大きな負担がかかります。

画面を顔の正面に保持できれば、首への負担は減りますが、肩関節が前に巻き込みやすいので注意しましょう。

片手スマホの場合は、肘を反対の手で支えると、比較的楽に操作できます。

 

自宅や職場では、スマホやタブレット用のスタンドを利用しましょう。

ネットなどで、1,000~2,000円で販売されています。

スタンドのアームが硬くてしっかりした製品を選ぶと、端末を操作しやすいですよ。

 

スマホ症候群は、生活に支障が出る前にケアしましょう

 

今回は、スマホ症候群にみられる、ストレートネック後頭神経痛の症状や治療と、セルフケアをご紹介しました。

 

日常生活や仕事で、スマホやパソコンが不可欠の人にとっては、腱鞘炎や目の疾患などと並び、とてもつらい症状ですね。

悪化させると、普段の生活にも支障がでてきますので、スマホなどの長時間使用は、なるべく避けるようにしてください。

また、首や頭の痛みは、怖い病気がかくれている場合もあるので、異常を感じたら早めに専門医を受診しましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です