SMS機能付きデータSIMとは?メリットや向いている人について解説!




近年ではLINEなどの無料通話アプリが急速に発達したこともあり、090や080などの電話番号を利用して音声通話を行う機会は急速に減っています。

若い人の中には自分の携帯電話番号を認知していない人も少なからずいます。

 

音声通話発信ができる電話番号は要らないから、より安いコストでスマートフォンを利用したいという人に強くおすすめしたいのがMVNOが取り扱いをしているSMS機能付きデータSIMと呼ばれるタイプのSIMの利用です。

 

このSMS機能付きSIMとは一体どのようなSIMなのかということや利用するメリットなどについて詳しく解説をしていきます。

 

SMS機能付きデータSIMとは?データ通信専用SIMや音声通話対応SIMとの違いは?

格安SIMには090や080の電話番号が付与されて、大手携帯キャリアでスマートフォンを利用するのと同じ感覚で利用できる音声通話対応SIMと、音声通話はできず主に大手携帯キャリアではモバイルルーターなどに利用されているデータ通信専用SIMの2種類のSIMがあります。

 

  • 音声通話対応SIM…大手キャリアのスマートフォン同様、電話番号による通話ができるSIM
  • 通信専用SIM…電話番号が付与されず、電話番号による音声通話ができない。通信専用のSIM

 

音声通話ができないデータ通信専用SIMは音声通話対応SIMと比較して契約の縛りがゆるい点やランニングコストが安いことからタブレットやサブのスマートフォンで利用する人が大勢います。

 

これらのタブレットやサブのスマートフォンで利用しやすいように設計されたのがSMS機能付きデータSIMです。

SMS機能付きデータSIMは、音声通話はできないもののSMSの送受信ができる固有の番号が付与されるという点に大きな特徴があります。

 

  • SMS機能付きデータSIM…電話番号による音声通話はできないが、SMSが送受信できる固有の電話番号は付与されるSIM

 

090や080から始める固有番号が付与されるので一見するとこの番号で通話ができるように思えますが、あくまでも付与される番号はSMSの送受信のみに対応している点に注意が必要です。

 

なおSMS機能付きデータSIMはデータ通信専用SIMに120円から150円程度の追加料金を支払うことで利用できるケースが多くなっています。

 

SMS機能付きデータSIMのメリットとデメリット

メリット

SMS機能付きデータSIMを利用する最も大きなメリットSMS認証が必要なサービスが利用できる点になります。

 

近年ではSMS認証が必須のアプリやサービスが増えていますし、日本で最も知名度の高いコミュニケーションアプリであるLINEでもSMS認証は必要です。

音声通話機能はいらないけれどLINEは使いたいと考える子どもや年配者向けの端末にはSMS機能付きデータSIMは最適なSIMと考えられるのです。

 

また、契約の縛りがない点もSMS機能付きデータSIMの大きなメリットと言えます。

ほとんどのMVNOでは音声通話対応SIMには12ヶ月程度の最低利用期間を設定しているため、初めて格安SIMを利用しようとしている人にはこの縛りがネックとなります。

その点SMS機能付きデータSIMは基本的に最低利用期間が設けられておらず、契約後すぐに解約しても問題ないケースがほとんどであるため、初めて格安SIMを利用する人でも気軽に利用できるのです。

 

デメリット

一方でデメリットとしては電話番号を利用した音声通話ができないことが挙げられます。

 

たとえ音声通話機能をほとんど使わなかったとしても、もしもに備えて音声通話による発着信はできるようにしておきたいと考える人は大勢いると考えられます。

 

IP電話アプリを導入することで音声通話機能の問題は多少緩和されますが、IP電話アプリはスムーズに発着信ができなかったり、通話に遅延が発生したり、110番や119番などの緊急通報ができなかったりと様々な面に不都合があるので、メインのスマートフォンで利用するのにはやや不向きだと考えられるのです。

もしもSMS機能付きデータSIMを利用する場合にはこうしたデメリットを心に留めておきましょう。

 

おすすめのSMS機能付きデータSIM3選!

《SMS機能付きデータSIMを利用したいけれどどの格安SIMを選んだら良いかわからない》という人におすすめしたいのが、楽天モバイルの050データSIMLINEモバイルのLINEフリープランUQmobileのデータ無制限プランの3つです。

 

楽天モバイルの050データSIMは月額645円から利用できる上に050から始める電話番号が付与され、Viberというアプリを利用してIP電話アプリと同じ要領で電話番号を使った音声通話ができます。

緊急時に備えて音声通話ができるデータSIMを使いたいと考える人には最適なSMS機能付きデータSIMと考えられます。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

 

LINEモバイルのLINEフリープランは月額620円でSMS機能付きデータSIMの利用ができます。

LINEモバイルの格安SIMはLINEで年齢認証ができますし、LINEのトークやタイムライン、無料通話などがカウントフリーとなっているので、LINEをよく使う人には強くおすすめできます。

LINEモバイル公式サイトへ

 

UQmobileのデータ無制限プランは最大速度が500kbpsですがデータ容量の制限がないのでヘビーユーザーにおすすめです。

ほとんどのMVNOではデータ通信専用SIMにSMS機能を付帯する場合には追加でオプション料金がかかるのですが、UQmobileでは追加料金なしで最初からデータ通信専用SIMにSMS機能が付いているので他社と比較してコストパフォーマンスが良いという利点も挙げられます。

またライトユーザーであればデータ無制限プランではなくデータ高速プラン(3GBまで高速通信ができて月額980円)を選択するのも良いでしょう。

格安スマホならUQモバイル

 

SMS機能付きデータSIMは気軽に契約ができる上にSMS認証ができるサービスが利用できるメリットの多い格安SIMです。

格安SIMの入門として最適ですし、楽天モバイルのようにIP電話アプリが付帯しているプランもあるのでまずは気軽に利用してみると良いですね。

 




よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です