SoftBankのネットワークが利用できる格安SIMのメリットとデメリットは?!各種プランを比較!







格安SIMは登場した当初はほぼ100%の事業者がNTTドコモのネットワークを借りてサービスを提供していたこともあり、現在でもほとんどのMVNOがドコモ系の格安SIMとなっています。

その後auのネットワークを利用した格安SIMが徐々に浸透していき、最近ではついにSoftBankのネットワークを利用した格安SIMが登場しました。

 

この記事では、そんな最近登場したSoftBank系の格安SIMを利用するメリットやデメリットについて解説するとともにSoftBank系の格安SIMの各プランの比較を行っていきます。

 

SoftBank系の格安SIMを利用するメリットは?

SoftBankのネットワークを利用した格安SIMを利用する最も大きなメリットはSIMロックのかかったSoftBank製のiPhoneやiPadが格安SIMで利用できる点になります。

 

SoftBankから販売されている端末でも通常通りSIMロックを解除すれば格安SIMで利用ができます。

しかし、iPhoneでいえばiPhone6以前の端末はSIMロック解除に対応していないため以前までは格安SIMでの運用ができませんでした。

しかし、SoftBank系の格安SIMを利用すればSIMロック解除非対応のiPhoneやiPadを有効活用することができるのです。

 

 

2018年の秋頃に配信が予定されているiOS12はiPhone5sやiPhone6にも対応しているためこれらの端末はまだまだ利用できます。

SoftBank製のやや古いiPhone・iPadをもっている人はすぐにでも契約すべきだと言っても過言ではないのです。

 

また、SoftBank系の格安SIMは他の格安SIMと比較して通信速度が高速で安定しているというメリットもあります。

格安SIMは契約者同士でネットワークをシェアするため回線が混雑しがちな時間帯に通信をすると速度が低下しますし、利用者の多いMVNOは通信速度が遅い傾向があります。

 

その点SoftBank系の格安SIMはサービスが登場して間もなく、利用者が比較的少ないため他の格安SIMと比べて回線の混雑が少なく、速度が安定しているのです。

回線が混雑する時間帯でも安定して通信ができる格安SIMを探している人にもSoftBank系の格安SIMはおすすめできます。

 

SoftBank系の格安SIMを利用する際の注意点

SoftBank系の格安SIMは取扱いをしているMVNOが少ないことや、プラン数が少ないこと以外にも幾つかデメリットが存在します。

SoftBankのネットワークを利用した格安SIMを利用する際の注意点について解説していきます。

 

SoftBank系の格安SIMを利用する場合に特に気をつけなければならないのが、SoftBank製のiPhone・iPadとSIMフリーモデルのiPhone・iPadしか動作保証されていない点になります。

どのMVNOもSIMフリーのAndroid端末については利用不可とアナウンスしているのでAndroid端末を利用しようと考えている人は要注意です。

 

なおAndroid端末でもSIMフリーモデルではなくSoftBankのSIMロックがかかったままのAndroid端末であれば流用が可能な場合もあります。

いずれにせよAndroid端末が利用できる保証はないため、現時点ではSoftBank系の格安SIMはiPhone・iPad専用の格安SIMだということを覚えていきましょう。

 

またSoftBank系の格安SIMはドコモ系の格安SIMやau系の格安SIMと比較すると料金がやや割高という点にも要注意です。

ドコモ系格安SIMの場合、データ通信専用SIMの1GBプランであれば月額500円程度で利用できるプランがありますが、SoftBank系格安SIMであれば同内容のプランでも900円程度の費用がかかるのです。

 

SIMフリーのiPhoneやiPadをできるだけ安く運用したい場合にはドコモ系格安SIMやau系格安SIMの方が向いていると考えられるのです。

 

SoftBank系の格安SIMの各プランを比較!

SoftBank系の格安SIMについてのメリットとデメリットについて確認したところで、SoftBank系の格安SIMの具体的なプランについて紹介を行っていきます。

 

SoftBankのネットワークを利用した格安SIMを取り扱っている代表的なMVNOとしてはb-mobileU-MOBILEnuro mobileQTmobileの4社です。

この4社のうちU-mobileを除く3社が《データ通信専用SIM》と《音声通話SIM》の取り扱いを行っており、U-mobileはデータ通信専用SIMのみの取り扱いとなっています。

 

各社のデータ通信専用SIMと音声通話SIMの料金体系を比較すると次のようになります。

データ通信専用SIMのプラン

データ容量/プラン名190PadSIM(b-mobile)U-mobile S(U-mobile)nuroモバイルSコース(QTmobile)
100MB190円
1GB540円880円800円
2GB890円980円
3GB1,240円1,580円900円
5GB1,940円
6GB2,290円1,550円
7GB2,640円2,980円1,780円
10GB3,690円2,550円
20GB4,200円
30GB4,980円6,200円

※b-mobileの190PadSIMは段階定額プランで1GB以上利用した場合には1GB毎に350円料金が加算されていき、最大で10GBまで高速通信が可能です。

 

こうして比較をしてみますとライトユーザーにはb-mobileの格安SIMが向いていることがわかりますし、定額プランの場合にはQTmobileに優位性があることがわかります。

なおb-mobileではこの他に「開幕SIM」というデータ通信専用プランの取り扱いがあるのですが、このプランはU-mobileのプランと同内容となっています。

 

 

音声通話SIMのプラン

データ容量/プラン名990 JUST FIT(b-mobile)nuroモバイルSプラン(QTmobile)
1GB990円1,700円
2GB1,490円1,680円
3GB1,990円1,800円
5GB2,990円2,480円
6GB3,490円2,500円
10GB5,490円3,500円
15GB7,240円
20GB5,100円
30GB7,100円

※b-mobileの990 JUST FITは段階定額プランで2GBから10GBまでは1GB分毎に500円、10GBから15GBまでは1GB毎に350円料金が加算されていき、最大15GBまで高速通信が可能です。

 

最低利用料金の安さという面ではb-mobileに優位性がありますが、b-mobileの場合上限である15GBまで使い切ると高額になってしまう点に要注意です。

定額料金でお得に利用したいのであればQTmobileを選ぶと良いでしょう。

SoftBank系の格安SIMはまだまだ途上のサービスであり、今後のサービスの拡大が期待されます。

特にSoftBankと定形を結んだLINEモバイルからもSoftBank系の格安SIMの取り扱いが始めることが予想されるので、今後SoftBank系の格安SIMに注目をしていきたいですね。

 




よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です