上手に叱れば部下も納得する!部下の叱り方を間違えないための4つのポイント







上司は部下がよい行動をした時にほめることは、前向きな行為なのでしやすいものです。

しかし、部下が問題を起こした時に叱ることは、ネガティブな感じがしてやりづらいですし、どう叱るべきかも悩むでしょう。

 

上手に叱ることが出来ず、部下が不満を持ったり自信を失ったりしたら、今後意欲的に仕事をしなくなる恐れがあります。

そうなると業務が停滞して、会社全体でも効率性や生産性が落ちてしまいます。

 

そうした事態を回避するために、部下の叱り方で困っている上司に対し、この記事では、部下が納得するような上手い叱り方をするための4つのポイントをご紹介します。

 

上司自身の意識や姿勢を少し見直すだけで、部下の態度や部下との関係も改善していきますので、ぜひ試して下さい。

 

1.感情的にならず冷静に叱り、尾を引かないようにする

部下が何度も同じ過ちを犯したり、会社にとって致命的なミスをしたりしたら、心底苛立って怒鳴りたくなる気持ちになるでしょう。

上司も人間なので、感情に左右されやすくなるのも仕方ないように思えます。

 

しかし、上司が怒りをあらわにして怒鳴り散らしたら、部下は萎縮するでしょう。

それが続くと、今後は怒られまいとしてミスを隠蔽するなどして、かえって会社にもダメージが大きくなりかねません。

 

そうならないように、上司は感情的にならず冷静に叱ることが大切です。

また、叱る時は一回で済ませ、しつこく言うのは避けるべきです。

どうしても感情に流されそうになったら、部下の良い所を思い出すと「すべてが悪いわけではないし」とトータルで冷静に見られるでしょう。

 

叱るのも上司の仕事の一環だと思えば、いい意味でビジネスライクに接することができるはずです。

 

2.人格などを否定せず、問題点と原因を具体的に指摘する

上司が部下を叱る時に、「だからお前は何をやっても駄目なんだ」「本当に無能だな」「元々お前は〇〇だから」などと、人格や能力、背景などを否定する人がいます。

 

それらは自力ではどうしようもない部分があり、その点を叱るのはフェアではありません。

それを言われたら、部下としては尊厳を傷つけられた気がして、上司に不信感を抱くでしょう。

 

それを避けるためにも、あくまでも仕事に関して叱るのにとどめましょう。

例えば、部下が顧客とトラブルを起こした場合、そのように揉めたという問題点を指摘し、顧客への配慮や社内の連携の不足といった原因を述べます。

 

そのように、部下の言動の問題点と原因を具体的に指摘する形にし、人格否定ではなく教育指導を行うべきです。

 

3.他の部下と比較した駄目出しや不公平な叱り方はしない

部下は大抵複数いるため、つい比較をしがちです。

ある部下がミスをした時も、「〇〇に比べてお前は……」といった言い方をする恐れがあります。

また、特定の部下だけ目の敵にして叱ることもあるでしょう。

 

しかし、上司が他の部下と比べて否定すると、その部下は劣等感を抱き自信喪失しやすくなります。

また、特定の部下ばかり叱れば、部下は不公平さを感じますし、えこひいきされた部下も居づらくなり、職場の空気が悪化します。

 

よって、上司が部下を叱る時は、他の部下と比較せず、本人が要求レベルの仕事をしているかを基準にすべきです。

また、そうした絶対評価の仕方について、すべての部下に対し公平に行うことが大切です。

 

叱ることで部下との関係にヒビが入りかねないからこそ、より一層信頼関係の維持に気を付けなければなりません。

 

4.今後に向けたヒントを与えて、成長につながるようにする

前述のように、部下に対して感情的に怒鳴り散らして叱るのは、自分の苛立ちをぶつけたりストレスを発散したりする上司がやりがちなことです。

しかし、そういう人は上司としての本来の仕事を忘れています。

 

上司の仕事のひとつは、部下を育成することです。

よって、部下を叱る時も、今後に向けたヒントを与えて、今回の失敗を糧にさらに成長を遂げてもらうことが大切なのです。

 

前述のように顧客と問題を起こした部下に対し、顧客への配慮や社内連携の不足という原因を指摘します。

もちろん、原因を部下自身に考えさせられれば尚よいでしょう。

そうした原因を理解させることで、部下も顧客や社内関係者との関わり方を見直し、よりよくしていくことができます。

 

常に「部下の成長のため」という根本的な目的を念頭に置いて、愛情を持って叱ることが大事です。

 

冷静かつ具体的に、他の部下とは比較せず、本人の成長を重視して叱る

上司は部下がどんな過ちを犯しても、感情的にならず冷静に叱らなければなりません。

また、尾を引かないように一回で済ませることも重要です。

その際、人格や能力、背景などを否定せず、あくまでも仕事について問題点と原因を具体的に指摘するにとどめましょう。

 

また、他の部下とは比較せず、本人の未熟さを基準に叱るべきです。

さらに、そうした基準に基づく絶対評価を、すべての部下に同様に行うことで、公平性も維持する必要があります。

そして、叱ることは上司の自己満足ではなく、あくまでも部下の成長のためだと自覚しましょう。

 

このように、部下の立場に立って部下にプラスとなるように叱ることで、部下は奮起して仕事に改めて取り組み、成長していくでしょう。

そうすれば、職場の生産性や効率性もアップし、会社全体にとっても利益につながります。

 

上司の叱り方ひとつで、部下の意欲や組織の発展にも影響することを忘れず、適切に叱るようにしましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です