タロット占いに適した質問とは?得意な占いと苦手な占いについて!







占いには様々な種類がありますが、誕生日占いと呼ばれる占星術とタロット占い、手相占いや姓名判断では、占うことのできる内容が大きく異なることをご存知でしょうか。

 

占い方が違うだけでなく占うことができる内容も、それぞれの占術(占いの種類)で異なります。

 

そこで今回は、タロット占いを勉強しているという方に向けて、タロット占いが得意としている内容、逆に占っても的中率が下がってしまう内容について、具体的なスプレッドの例を挙げながらお伝えします。

 

1.イエス・ノーで答えられる質問の場合

 

タロット占いでは「はい」か「いいえ」で答えられる質問をしても、それに当てはまるカードはないため、二者択一法というスプレッドを使うか、占う前に2つの答えを用意し、カードを2枚引いて占う必要があります。

 

二者択一法は、Aを選んだ場合、B を選んだ場合というようにカードを並べていくスプレッドですが、このスプレッドは複数のカードを引くため、タロット占いに慣れていない方には難易度が高いスプレッドと言えるでしょう。

二者択一法

 

 

簡単な占い方をするのなら、2つの答えを用意し、2枚のカードを引き、それぞれのカードをリーディングしたうえで、どちらの答えが自分に適しているか考える方法です。

 

例えば「あの人に告白するべきか」と占う時は、「告白した場合」と「告白しなかった場合」のカードを1枚ずつ引き、その結果を踏まえ、告白するべきか、もう少し待つべきか考えることもできます。

 

この方法なら、選択肢が2つ以上ある場合にも応用できますし、どの選択をすればどんな結果になるのかが、分かりやすいのではないでしょうか。

 

2.その人の基本性格を占う場合

 

手相占いや占星術とは違い、毎回答えが変わってしまうタロット占いは、生まれ持った性格のように、答えが変化することのないものを占うことは苦手としています。

 

そのため、基本性格を占うスプレッドはありませんが、ケルト十字法で過去や潜在意識を占うと、その人がどのような考え方をしているのか、ヒントになるものを得られるかもしれません。

 

例えば、ケルト十字法の過去の部分に恋愛を意味するカード、潜在意識の部分に悲しみのカードがある場合は、「過去の失恋が忘れられない」という悩みが現れます。

ケルト十字法

 

 

また、タロットカードはどんな悩みでも答えてくれるので、「気になるあの人の性格は?」と心の中で質問し、2枚ほどカードを引けば、大まかな性格を把握することができるでしょう。

 

ただし、何回も同じことを聞いても答えが変化するだけなので、タロットカードから得られたものに不信感を感じた場合のみ、再度占いをするようにしてください。

 

3.年単位の運勢を占う場合

 

タロット占いは過去も未来も、3ヶ月から半年以内のものを占うことしかできないとされ、それ以上期間が空くと的中率が下がる可能性もあります。

 

しかし、「未来は変化するものであり、結果は良くも悪くも外れることがある」という考えはどの占いにも共通していることなので、気にする必要はありません。

 

タロット占いではホロスコープ法というスプレッドを使うと12日間・12ヶ月間・12年間の運勢を占うことができ、その日一日の運勢を占ったり、恋愛運や結婚運を占うことができます。

ホロスコープ法

 

また、タロット占いに慣れていない方であれば、12枚のカードを6枚にして半年分の占いをしたり、1年を春夏秋冬に分け、4枚のカードを使った占いもできるので、慣れるまでは簡易的な方法を使うと、占いやすくなるでしょう。

 

他にも、ホロスコープ法を使って金運や仕事運など、一度に12項目の1年間の運勢を占うことも可能です。

 

4.相手の気持ちを占う場合

 

これはタロット占いが最も得意としている内容で、相性法というスプレッドを使えば、相手の気持ちや二人の未来がどのように変化するのかを占うことができます。

相性法

 

また、先ほど述べたケルト十字法の潜在意識や健在意識の部分から、相手の気持ちを探ることもできるでしょう。

 

しかし、このケルト十字法というスプレッドはとても難易度が高いので、スリーカード法で占うのもおすすめです。

スリーカード法は基本的には半年以内の過去から半年以内の未来を占うスプレッドなのですが、このスリーカード法を使って相手の気持ちの変化を占えば、タロット占いをを始めたばかりの方でも簡単に占うことができるでしょう。

本来、運気の流れを占うスプレッドですが、過去の気持ちが現在はどのように変化しているのか、そしてこれからはどのように変化していくのか、3枚のカードから読み取ることができます。

スリーカード法

 

その時、あなたのカードと相手のカードを一緒に並べると、二人の気持ちがどのように交差していくのかを占うこともできるでしょう。

 

以上、いかがでしたか。

今回は、タロット占いが得意としている質問とそうでない質問を挙げ、どのようなスプレッドを使えばタロット占いを使って占えるのか、述べてきました。

 

このようにスプレッドを応用すれば、様々な疑問を解決することができるようになり、オリジナルの占い方を見つけることができれば、もっとタロット占いが楽しくなりますよ。

タロット占いを始めたばかりの方も、使い慣れている方も、参考にしてみてください。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です