テニス初心者が早く強くなるためには?『強いテニス』と『ロブ』を身につける!







テニスというのは、とても奥深いスポーツです。

なぜなら、自分にとって最適なプレイをしていても、勝てるとは限らないからです。

これは対人スポーツの特徴なのですが、相手のことも考える必要があります。

 

逆にいうと、テニスというのは例え初心者級のショットしか打てなくとも、上級者に勝つこともできます。

大事なのは『テニスが上手い≠強い』という点です。

 

テニス初心者の方で、手っ取り早く強くなりたい場合は『強いテニス』を身につけるようにしましょう。

 

強いテニスって何?

テニスという競技では、一つだけ絶対に勝てる方法があります。

それは『絶対にミスをしないこと』です。

これは特に初心者の間は、重要なことです。

 

基本的には『自分のとったエースの数>ミスの数』になれば、試合に勝てるというデータがあります。

もちろん、お互いが超ハイレベルな試合をすると、二人とも素晴らしいデータを叩き出すこともあるのですが、ごく稀な話です。

 

そして、初心者の方にとっては、エースを取るというのはとても難易度の高いことだと思います。

武器になるようなショットがないと、なかなかエースには繋がらないからです。

 

そのため、初心者が試合に勝つためは『ミスを減らすこと』が何よりも重要です。

相手の良いショット以外は絶対にミスしないつもりで試合をしてみてください。

 

一見、練習では強そうに見える相手でも、実際に試合をしてみればミスばっかりというパターンも少なくないです。

特に、強打を得意にしている人には、つけいる隙は充分あります。

 

逆に、自分の得意ショットを把握し、しっかり戦術を組み立ててパターンにハメてくる人は強いです。

こういった場合は、単純に自分の技術を上げて対抗する必要があります。

 

試合でミスをしない方法

まずは冷静になる

具体的に、ミスをしないためにはどうすれば良いのでしょうか。

もちろん、技術面を磨くという要素もありますが、重要なのは精神面や心構えになります。

 

まずは、自分が冷静になることです。

初心者の内は、試合中に緊張しっぱなしで気づいたら試合が終わっていたなんてこともよくあります。

それでは、次の試合にも繋がりませんし、勝てる試合も取り逃がしてしまいます。

 

そのためにも、まずは自分のことを客観的に見ることが大事です。

自分は何が得意で何が苦手なのかを把握して、できるだけ得意なものだけでプレイできるようにしましょう。

 

相手をしっかりと見る(観察する)

落ち着いたら次は相手をしっかりと見て観察します。

  • 得意なコース
  • 苦手なコース
  • 精神的に強いのかどうか

こういったことを意識しながら観察します。

 

基本的には、フォアハンドが得意でバックハンドが苦手な人が多いです。

そういったことがわかれば、相手の苦手コースにボールを送り続けることで、攻撃されるリスクを下げることができます。

 

テニスが対人スポーツで頭を使うというのは、こういった所に理由があります。

自分のできる範囲内で相手に嫌なプレイをさせるようにしましょう。

そうすれば、相手のショットの精度も下がり、こちらがミスする可能性も下がっていきます。

 

相手に無理に対抗しない

相手がもしバコバコ打ってきても無理に対抗してはいけません。

テニスで大事なのは自分の得意なペースを維持することです。

初心者と中級者がストローク勝負をしても勝つことは難しいのです。

 

そのため、相手が強打をしてきても、自分はふんわりとしたボールでとにかく返すことに専念してください。

勢いのないボールを自分から打ち込んでいくのは、なかなか難しい技術です。

 

相手が自分より格上だとわかったなら、打ち合いを狙うのではなくゆったりしたペースでラリーするように意識しましょう。

男性の方に多いのですが、ムキになって打ち返そうとして自滅するパターンは最悪なので冷静にプレイしていきましょう。

 

最強の武器になる?ロブは強い!

 

ロブ、つまりはフワッと浮いたボールですね。

ロブは初心者にとって最強の武器になりえます。

高さと深さのあるロブは非常に攻められにくいです。

深さというのは、要はラインギリギリを狙うことですね。

 

ボールが高いと力が入りづらいので、強打をするのが中級者でも難しくなります。

ロブが深ければ深いほど相手コートへの距離が遠くなるので、エースを取るのも難しくなります。

 

ロブはダサい、弱いといったイメージがつきがちですが、初心者〜中級者のレベルなら、ロブは最強の守りです。

中級者と上級者の境界がロブを打ち込めるかどうかと言えるほどです。

 

トッププロでもロブから一気に逆転する道筋を見つけ出す戦術もあります。

アンディ・マレー選手はロブの名手で相手の攻撃のテンポをずらすことで、圧倒的な守備力を誇っています。

 

自分からミスをするぐらいなら、徹底的にロブをあげるほうが勝率は高いです。

テニスで手っ取り早く強くなるためには、精度の高いロブを身につけるのが良いでしょう。

 

まとめ

 

テニス初心者が今の実力で勝てるようになるためには、より粘りを意識することが大事です。

相手からエースを取られるのは仕方ないと割り切って、自分からミスしないことを徹底的していきましょう。

 

初心者の持つべき武器として『ロブ』はとても有効です。

ロブでは高さと深さが重要なので、常に考えながらプレイするようにしましょう。

できるなら相手に強打されづらいバックハンド側に上げるようにしましょう。

 

上記のことを意識して試合ができるようになれば、初心者からレベルアップしていけますので、是非頑張って練習してみて下さい。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です