スピンがかかるようになるフォアハンドのプロネーションのやり方!







スピンの利いたフォアハンドを打つためには、プロネーションというテクニックは必要不可欠です。

あの錦織選手が得意としている技術で、安定してボールに回転をかけることができます。

 

もちろん、ボールに回転をかけるだけなら下から上に振り抜くだけでもスピンはかかります。

ですが、スピードも両立させたいとなれば、話は別になります。

 

下から上にスイングすると、面が大きく動いてしまうため、

  • ボールのヒット率が落ちる
  • 前への押し出しが弱い

こういったデメリットがあります。

 

相手のボールに適度にスピードがある場合は問題にはならないのですが、

  • スピードボールの処理
  • スローボールの打ち込み

この2つのショットが難しくなります。

 

プロネーションのやり方とともに、それぞれ解説していきたいと思います。

 

下から上スイングのデメリット

スピードボールでミスヒットしやすい

下から上にスイングすると、どうしてもボールを『点』でインパクトすることになります。

そのため、高速なボールを返す際にミスヒットが増えてしまいます。

 

かといって、回転をかけずにフラット系のボールで返し続けるのも難易度が高いです。

うまく回転をかけながらインパクト率を落とさないためにも、プロネーションは有効な技術です。

 

下から上スイングはスローボールに対してスピードを出しづらい

同様な理由になりますが、点でのインパクトでは押し出しが足りないので、ボールに力が伝わりません。

相手の力を利用してカウンターする際には、勝手にボールが跳ね返るので充分なスピードは確保できます。

 

しかし、自分から勢いのないボールに打ち込んでいくのは別の話ですね。

厚い当たりでボールを叩いていく必要があります。

そういった場合にも、スピンをかけつつ強打できるようになるプロネーションはとても役立ちます。

 

プロネーションのやり方

 

結局、プロネーションとは何かということですが、「肘を支点にして上腕を回転させる動き」になります。

もう少し細かく説明していきますね。

 

上腕を回転させる

上腕、つまり肘から先の部分をフォロースルーの際に回転させます。

イメージ的にはバイバイと手を振る動きです。海外ではよく「ブラッシュアップ」と言いますね。

 

この運動が速ければ速いほど、ボールには回転がかかります。

そのため、回転量の調整がしやすく、攻めのショットをする際には上腕の回転方向を変えます。少し、前方向にスイングすることでスピードをあげることができます。

 

ストロークを得意としている選手は、この技術が飛び抜けてうまいです。

日本の錦織選手もそうですが、綺麗にラケットが回転しています。

 

ボールを打つまではまっすぐスイング

イメージ的な話ですが、ボールを打つまではまっすぐスイングしていきます。

ここが「下から上にスイングすること」への一番の違いですね。

 

ボールに対して水平にスイングしていくことで、パワーを伝えていきます。そして、そのままではオーバーしてしまうので、上腕を回転させることでスピンをかけるという仕組みですね。

 

ただ、これに関しては理想のスイングなので、多少は下からスイングすることになります。

大事なのは「意識的に下から上にスイングしない」ことですので、注意してください。

 

プロネーションを簡単にする方法

プロネーションができない場合に多いのは、ドアスイングをしてしまうことです。

ドアスイングとは面をガチガチに固定したまま、まっすぐスイングすることです。

 

面が完全に固定されるので、それなりに安定感は出るのですが、やはり威力が出ません。

威力を出すにはスイングスピードを上げる必要があります。

そのためにも、ラケットの先端を走らせるスイングをしましょう。

 

ドアスイングは真反対のスイングになるので、しっかり矯正するようにしましょう。

そこまで難しいテクニックではなく、コツもあるので紹介していきたいと思います。

 

適度に脱力する

まず、プロネーションをするためには、適度な脱力は必要不可欠です。

特に、上腕部を脱力するようにしましょう。

実際にやってみるとわかるのですが、力を入れて無理にラケットを回転させようとすると滑らかにスイングすることができません。

 

こうなるとボールに伸びが生まれなくなり、いわゆる棒球になってしまいます。

スイングスピードを上げるためにも、あえて脱力するようにしましょう。

 

脱力の際の注意

脱力の際にも、一部分だけは固定する必要があります。

それは『手首の背屈』になります。手首の背屈というのは、その名の通り背中側に手首を曲げることです。

 

背屈することで手首のブレがなくなり、面の向きが安定します。

手首まで緩々にしてしまうと、パワーは出ますがリスクが高いので、背屈だけは維持できる程度に力を入れておきましょう。

 

打点を前にする

プロネーションに限らず、滑らかにスイングするためには打点を前にすることは必須です。

振り遅れると詰まったスイングになってしまい、腕力で強引に面を固める必要が出てきます。

要するに、手打ちになってしまう原因ですね。

 

特に、日本人は打点が後ろになっている方が多いので、打点を前にしてスイングできるように改善していきましょう。海外では、

  • 打点を前にして体重をのせる
  • 足をしっかり動かす

この2点のみを徹底的にレクチャーするクラブもあります。

それぐらい重要ということですね。

 

プロネーションは絶対に身につけよう

 

良いフォアハンドの絶対条件として、プロネーションの習得は必須です。

慣れてしまえば自然にできる技術なので、初めのうちに体に覚えさせておきたいです。

変な癖がついてしまうと、矯正が非常に難しくなります。

素振りでも良いので腕の使い方をマスターしましょう。










よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です