ふくらはぎが痛い!原因や症状別に考えられる疾患は?下肢静脈瘤の解説も




ふくらはぎが腫れて痛い、むくんでだるい、歩くと痛む……

スポーツや仕事中の姿勢、加齢などが原因で、ふくらはぎに様々な症状が生じます。

今回は、「ふくらはぎ」や「すね」の痛みから疑われるケガや疾患をみていきます。

 

また、中年以降に多いふくらはぎの筋肉や腱の損傷と、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)の詳細もお届けしますので、参考にしてください。

 

ふくらはぎの筋肉は、歩く・走る・飛ぶときに活躍

 

膝と足首の関節の間を、「下腿(かたい)」と呼びます。

ふくらはぎとは、この下腿の後面をさします。

下腿には、脛骨(けいこつ:すねの前の骨)と腓骨(ひこつ:すねの外側の骨)の2本の骨があり、ケガや疲労で骨折することがあります。

 

また、ふくらはぎの主な大きい筋肉は、腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋で、合わせて下腿三頭筋といい、肉離れや炎症をおこすことがあります。

下腿三頭筋は、アキレス腱を介して踵骨(しょうこつ:かかとの骨)に付き、足首や膝を曲げるときに、働きます。

 

アキレス腱は、人体最大最強の腱ですが、ケガにはあまり強いとは言えません。

下腿の前面と外側にも、足首や指を動かす筋肉があり、傷めると歩行障害が生じるでしょう。

 

今回は、膝と足首の関節以外の下腿に発生する痛み、特に後面の「ふくらはぎの痛み」を詳しくみていきます。

 

 

ふくらはぎが痛む原因は、骨・筋肉・神経・血管にあります

ケガや腫瘍、神経痛や血管の病気などが、ふくらはぎやすねに痛みをおこします。

 

骨折や腫瘍による、下腿の痛み

 

  • スポーツ時の転倒や交通事故、高所からの転落で、下腿に腫れや激痛、変形が生じて歩けなくなる……下腿骨骨幹部骨折(下腿中央から下部で脛骨と腓骨が折れる)
  • ランニングやジャンプで、下腿の内側や前面が痛む……疲労骨折(患部への繰り返しの負担で発生する骨折で、脛骨に多い)
  • ふくらはぎの内側、脛骨の後に腫れや痛み、運動痛がある……シンスプリント(走る・飛ぶスポーツに多い、骨膜の炎症)

 

  • 若年者の下腿上部が、原因なく腫れて痛み、悪化する……骨肉腫(悪性の骨腫瘍)
  • 小児の下腿中央が、原因なく腫れて痛み、悪化する……ユーイング肉腫(悪性の骨腫瘍)
  • 下腿にできた硬くて大きなしこりが、急に大きくなる……悪性軟部腫瘍

 

  • 若年者で、下腿上部にできた硬いしこりが、神経や腱を圧迫すると痛む……骨軟骨腫(良性の骨腫瘍)
  • 下腿に弾力のあるしこりがあり、化膿すると腫れて痛む……粉瘤(ふんりゅう:アテローム:良性の軟部腫瘍)
  • 押すと動くしこりで、神経のそばにできると痛む……脂肪種(良性の軟部腫瘍)

 

※骨折は整形外科、腫瘍もまずは整形外科、必要に応じて専門医を紹介してもらいましょう。

 

スポーツなどによる、ふくらはぎの筋肉や腱の痛み

 

  • ダッシュやジャンプの後、ふくらはぎの内側で中央から上部にかけて痛む……肉離れ(筋繊維の断裂)
  • スポーツ中、ふくらはぎの下部に強い衝撃を受けて倒れこみ、つま先立ちができない……アキレス腱断裂
  • スポーツ中や明け方に、ふくらはぎがつって激しく痛む……腓腹筋痙攣(こむらがえり:疲労、血流障害、脱水、冷え、ミネラル不足などでおこる)

 

※筋肉や腱の損傷は、整形外科を受診してください。

 

血管や神経が原因の、ふくらはぎの痛み

 

  • ふくらはぎが重だるく冷えて、歩くと痛み、休むと治る……閉塞性動脈硬化症(動脈硬化により、脚の血流が悪くなる疾患)
  • 長時間同じ姿勢が続いた後、急にふくらはぎが赤黒く腫れて痛い……深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群:静脈に血の塊ができて詰まる:肺の血管に詰まると胸痛や呼吸困難)
  • ふくらはぎやすね、太ももに痛みやむくみ、だるさがあり静脈がこぶ状に浮き出る……下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

 

※血管外科、心臓血管外科、下肢静脈瘤科を受診しましょう。

 

  • ふくらはぎの後面や外側、お尻やふとももに痛みやしびれ……坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア・腰椎分離すべり症・梨状筋症候群などが原因)
  • 歩くとふくらはぎやお尻、太ももに痛みやしびれを生じ、前屈みで休むとまた歩ける……腰部脊柱管狭窄症(神経の通り道が狭くなる疾患)

 

※整形外科を受診し、必要に応じて専門医を紹介してもらいましょう。

 

30歳以降のスポーツ愛好家が、要注意のケガは?

 

ふくらはぎの筋肉や腱は、30歳くらいから弱くなってくるので、疲労が蓄積したり大きな力が加わると、思わぬケガをすることがあります。

 

ふくらはぎの肉離れは、ランニングで発症

ダッシュやジャンプで発生しやすい肉離れですが、ふくらはぎの肉離れは、中長距離走で多発します。

筋肉の柔軟性や筋力の低下、疲労などが要因となるので、壮年以降のランナーは注意が必要ですね。

症状は、歩行や走行、筋肉を伸ばしたときの痛み、内出血や筋肉のへこみなどがみられ、重症になるとじっとしていても、ふくらはぎが痛みます。

 

受傷直後は、運動を中止してアイシングを施し、弾力包帯で圧迫固定しましょう。

腫れを防ぐため足を少し上げて、安静を保ってください。

痛みが強いときは、整形外科で消炎鎮痛剤や局所注射、理学療法などの治療を受けましょう。

 

予防は、ストレッチによる十分なウォーミングアップとクールダウン、そして筋トレです。

正しいランニングフォームの獲得も予防には重要ですので、心がけてください。

 

年配者にも多い、アキレス腱のケガ

ふくらはぎと踵(かかと)をつなぐアキレス腱が、加齢変性をおこして弱くなっていると、スポーツ中に傷めやすくなります。

ランニングやジャンプなどで、急にふくらはぎの筋肉が縮んだり、引き伸ばされた時や、繰り返しの負担により発症します。

バレーボールやテニス、ジョギングやウォーキングなどで受傷することが多いでしょう。

 

「アキレス腱炎」では、ふくらはぎの下部やアキレス腱から踵にかけて、腫れや痛みが生じます。

ふくらはぎの筋肉を伸ばすと痛みが強まり、足首が動かしづらくなることもあります。

また、足首の捻挫などにより踵が傾いている人は、アキレス腱を取り巻く薄い膜の炎症「アキレス腱周囲炎」を患いやすいでしょう。

 

急性期はアイシングと消炎鎮痛剤、痛みが軽減してきたら温熱療法や理学療法を施します。

患部の使い過ぎが原因なので、運動を中止するか、ふくらはぎに負担のかからない運動に切り替えてください。

 

「アキレス腱断裂」は、30~40歳代のスポーツによる受傷と、高齢者の日常生活での受傷が多いケガです。

テニスやバトミントン、バレーボールや剣道でおこりやすく、50歳以上では転倒や転落も原因になります。

 

受傷時、ふくらはぎをバットで殴られたとか、人がぶつかってきたなどと感じることが多く、断裂音(ブチッ、パン)を聞くこともあるでしょう。

直後は激痛で立ちあがれず、アキレス腱断裂部にへこみが生じ、腫れてきます。

しばらくすると歩けるようになる場合がありますが、つま先立ちはできません。

 

治療はギプス固定による保存療法か、断裂部を縫合する手術療法が検討されるでしょう。

なお、形成外科医の井上義治氏によると、早期にリハビリが開始できれば、必ずしも手術は必要ないそうです。

 

アキレス腱のケガ予防

運動前後のストレッチと、ふくらはぎの筋肉トレーニングは、アキレス腱のケガの予防に役立ちます。

ストレッチは、ゆっくりとふくらはぎからアキレス腱を伸ばして、気持ち良いところで30~60秒保ちましょう。

ウォーミングアップには、小刻みに伸び縮みを繰り返しながら、筋肉を伸ばしていくストレッチも有効ですので、ぜひお試しください。

 

中年以降の女性に多発する「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」

40歳以降の女性に多く発症し、患者数は1,000万人とも推定される、下肢静脈瘤の詳細を見て行きましょう。

 

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は進行性の病気

足先から心臓に向かって、血液を戻す血管が静脈です。

重力に逆らい、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用で血液を押し上げるため、静脈の壁には逆流を防ぐ弁がついています。

加齢で静脈が弱くなったり、妊娠や立ち仕事、便秘や肥満などで静脈に負担をかけると、弁の働きが悪くなり、血液が溜まってしまいます。

 

その結果、ふくらはぎやすね、太ももの皮膚に近い静脈が、膨れてコブのように浮き出た状態が「下肢静脈瘤」です。

下肢静脈瘤は、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)のように命にかかわる疾患ではありませんが、自然に治ることはなく、少しずつ悪化する進行性の病気と言えるでしょう。

 

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)の症状は?

ふくらはぎが疲れやすく重だるい、むくむ、脚がつる、冷えや火照りなどの症状が、午後から夕方に出やすく、年齢とともに悪化していきます。

さらに進行すると、皮膚のかゆみや湿疹が生じ、皮膚が硬くなったり色がつき、やがて皮膚が破れて潰瘍になることもあります。

 

長時間の立ち仕事やデスクワークの人に多く、遺伝的な要因も指摘されており、出産経験者の半数にみられるとの報告もあります。

加齢にともない増加する疾患なので高齢者や、血管にダメージを与える高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病の人も注意が必要ですね。

 

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)の症状がつらく、皮膚に異常があれば治療を受けましょう

専門医による診察と超音波検査(エコー検査)、必要があれば静脈造影検査やCT検査で診断されます。

治療方法は、圧迫療法、硬化療法、血管内治療、ストリッピング手術などがあります。

 

圧迫療法

医療用弾性ストッキングを履くことによる圧迫療法は、症状を和らげ病気の進行を遅らせる保存療法です。

ふくらはぎなどを圧迫することで、血液の流れを助けるので、むくみや静脈瘤は一時的に軽減します。

基本的に就寝時以外は装着し、半年ほどで緩んでしまうので、買い替えが必要です。

健康保険がきかないので、1足5,000~10,000円くらいです。

 

硬化療法

硬化療法は、静脈瘤に硬化剤を注入して、静脈をふさぐ治療法で、細い静脈が対象となります。

治療時間が10~15分の麻酔を使わない外来治療なので、入院は不要で傷跡も小さいです。

健康保険が適用され、3割負担の人は1回、約5,000円くらい(初診料、検査費用などは別途)です。

 

血管内治療

血管内治療は、カテーテルを静脈内に挿入して、高周波(ラジオ波)やレーザーで静脈を内側から焼く治療法です。

局所麻酔で、傷跡も小さく、日帰りでの治療が可能になっています。

健康保険が適用され、3割負担の人の治療費は約5万円くらい(初診料、検査費用などは別途)です。

 

ストリッピング手術

ストリッピング手術は、皮膚を2cmほど切開し、静脈にワイヤーを挿入して静脈を引き抜く手術です。

治療実績が豊富で再発率の低い治療法ですが、まれに神経を傷つけることがあります。

近年は日帰り手術も可能になっており、健康保険適用で3割負担の人の治療費は、約4万円くらい(初診料、検査費用などは別途)です。

 

静脈瘤は、見た目が気にならず、症状や皮膚炎がなければ治療は不要ともいえます。

ただ、自然に治ることはなく、除々に悪化する疾患なので、出来れば早めに専門医に相談した方がよいでしょう。

※血管の専門医はコチラ
日本血管外科学会認定血管内治療医一覧  http://www.jsvs.org/ja/certified_physician/nintei/

 

自宅でできる、ふくらはぎの痛みに対するセルフケア

 

テーピングやツボ治療で、ふくらはぎの痛みを和らげましょう。

 

ふくらはぎやアキレス腱の損傷にはテーピング

伸縮性のテープ(キネシオテープなど)を患部に貼ることで、筋肉や腱を保護し、血流を改善します。

 

ふくらはぎの痛みに【腓腹筋テープ】

  1. 幅5cm、長さ50cmに40cmの切れ込みを入れたY字テープを1枚
  2. うつ伏せで足首を反らして、切れ込みのないテープの端を、かかとの足裏部に貼る
  3. そのままアキレス腱まで、テープを引っ張らずに貼っていく
  4. 次にY字のテープでふくらはぎの内外側を包みこむように貼って完成

 

アキレス腱の損傷に【アキレス腱テープ】

  1. 幅5cm、長さ20cmを1枚
  2. うつ伏せで足首を反らして、テープの端を、かかとの足裏部に貼る
  3. そのままアキレス腱まで、テープを引っ張らずに貼っていき完成

※腓腹筋テープと併用してください

 

シンスプリントに【後脛骨筋テープ】

  1. 幅5cm、長さ50cmを1枚
  2. うつ伏せで、膝を立てて足首を反らす
  3. テープの端を足裏の、親指の付け根に貼る
  4. そのまま、内くるぶしを通って、ふくらはぎに向けて貼っていく
  5. 次に膝を伸ばして、テープを膝の裏まで貼り完成

 

肉離れに【肉離れテープ】

  1. 幅5cm、長さ12cmを3枚
  2. うつ伏せで、腓腹筋テープの上から、肉離れの患部に横に貼っていくテーピング法
  3. まず患部の上部に、1枚目のテープの中央を少し引っ張りながら横に貼る
  4. テープ幅半分ほど下にずらして、2・3枚目のテープを貼って完成

※テープの端は、引っ張らないように貼りましょう

※テープかぶれに注意し、痛みが増したら中止してください。

 

こむら返りの特効ツボやトリガーポイントは?

足がつったら、痛みが和らぐまで、ツボをやや強めに押し続けましょう。

  • 陽陵泉(ようりょうせん)……膝関節の外側にある小さな骨の突起の下端から、指幅1本分下のくぼみ
  • 太谿(たいけい)……足の内くるぶし後方で、アキレス腱との間のくぼみ

 

筋肉のしこり(トリガーポイント)が、ふくらはぎに痛みを起こしている場合があります。

主なトリガーポイントの周辺を探って、患部にひびくような痛みがあれば、そこが治療点です。

 

ひびきが軽くなるまで、痛きもち良い強さで、30秒ほど押し続けてみてください。

何ヵ所か押した後、足首を反らして、ふくらはぎのストレッチを20~30秒おこなうと、より効果的ですよ。

 

  • 膝裏の横じわから指幅3本下の左右
  • 膝裏の横じわから指幅5本下の中央
  • ふくらはぎの内側、脛骨の後方で筋肉のキワ
  • 股関節の外方にある、太ももの骨の出っ張りの上方
  • 太もも後面で、お尻の下の横じわと膝裏の横じわを結ぶ線の中間点の左右
  • 膝裏の横じわの中央から少し上
  • ふくらはぎ後面で、膝裏中央と足首を結ぶ線の中間点

 

ふくらはぎの痛みではスポーツ障害や神経痛、血管の病気に気をつけましょう

 

ふくらはぎの痛みは、日常的によくみられる症状です。

原因は筋肉や腱、神経や血管にある場合が多いようですね。

特に中年以降のスポーツ愛好家は、ふくらはぎのスポーツ障害に注意が必要です。

 

また中高年で、少し歩くとふくらはぎが痛いときは、神経痛や動脈硬化を疑います。

女性に多い下肢静脈瘤は進行性なので、症状が出たら専門医を受診しましょう。

近年は、下肢静脈瘤専門のクリニックも増えてますので、気軽に相談してみてください。

ストレッチや筋トレは、「ふくらはぎの痛み」の予防になりますし、セルフケアも症状を和らげてくれますので、お試しください。












よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です