太ももが痛い⁉疑われる疾患を解説!太ももの痛みには様々な原因がある?







歩くと太ももが痛い、立ちっぱなしで太ももがしびれる、原因不明の腫れや痛みがある……

ぶつけたり、転んでもいないのに、太ももに痛みがあると、不安になりますね。

 

太ももが痛む原因は、筋肉痛から神経痛、骨折や腫瘍まで、実にさまざまです。

腰やお尻、ふくらはぎの症状を伴うこともめずらしくありません。

 

今回は、太ももが痛いときに疑われる疾患を原因別にみていきます。

また、高齢者の転倒時の骨折や、歩くと太ももが痛む疾患の詳細もお届けします。

最後にセルフケアの方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

太ももの痛みの原因は、骨・筋肉・神経・血管にわかれる

 

股関節(脚の付け根)と膝関節の間を「大腿(だいたい)」、膝関節と足関節(足首)の間を「下腿(かたい)」と呼びます。

また、股関節から足の指先までを「下肢(かし)」とも言います。

今回の「太ももの痛み」は、股関節と膝関節を除く、大腿部に生じる痛みをとりあげていきます。

 

太ももの痛みは、大腿部の骨・筋肉・神経・血管に原因があることが多いでしょう。

 

  • 太ももの骨(大腿骨)の痛みは、骨折や腫瘍など
  • 太ももの筋肉の痛みは、打撲や肉離れ、筋肉痛や筋肉疲労
  • 太ももの神経の痛みは、腰椎や末梢神経などに原因があるでしょう
  • 太ももの痛みが、動脈硬化や動脈閉塞でおこることもあります

 

それでは、太ももの痛みの原因として疑われる疾患を、主な症状を目安にみていきましょう。

 

ケガや神経痛でおこりやすい太ももの痛み

骨の痛みは転倒や転落、腫瘍が原因

  • 高齢者が転んで、太ももの付け根が痛く、立ち上がれない……大腿骨頚部骨折(股関節のすぐ下の骨折)
  • 高齢者が転んで、太ももが激しく痛み歩けない、変形している……大腿骨骨幹部骨折(大腿骨の真ん中の骨折)
  • 高齢者が転んで、膝の近くが腫れて痛み、歩けない……大腿骨遠位部骨折(体の中心に近い部位を近位、遠い部位を遠位と呼ぶ)
    ※骨折は、交通事故や労働災害、転落やスポーツでもおこります。
  • 若年者の太ももが、原因なく腫れて痛み、ときに硬いしこり……良性の骨腫瘍(骨軟骨腫、線維性骨異形成症、骨巨細胞腫、類骨骨腫)
  • 若年者の膝近くの腫れと痛みが、ずっと続き悪化する……骨肉腫(骨のがん)
  • 30歳以降で、太ももの上部に硬いしこり(痛みが弱いことも)……軟骨肉腫(軟骨を形成する悪性の骨腫瘍)
  • がん患者で、太ももの上部の痛みや腫れが長引く……転移性骨腫瘍(肺、乳、前立腺、腎、甲状腺がんなどが、手足の骨や背骨に転移しやすい)

※骨折は整形外科、腫瘍もまずは整形外科、必要に応じて専門医を紹介してもらいましょう。

筋肉の痛みはスポーツや筋肉の使いすぎ

  • 太ももの前面が、スポーツや立ち仕事、ハイヒール歩行のあと、腫れて痛み、膝が曲げにくい……大腿四頭筋炎(太もも前面の筋肉の炎症)
  • 太ももの外側が、歩きすぎたり、股関節と膝関節を使い過ぎて痛い……大腿筋膜張筋炎(太もも外側の筋肉・靭帯・腱の炎症)
  • 太ももの後面が、ダッシュやジャンプしたあと、痛くて歩けない……ハムストリングス炎(太もも後面の筋肉の炎症)、肉離れ

※筋肉の痛みは、整形外科を受診しましょう。

 

太ももの神経痛は4つ

  • お尻から太ももの後面や外側にかけて、痛みやシビレ、歩行障害や麻痺がある……坐骨神経痛
  • 太ももの前面に痛みやシビレがあり、うつ伏せで膝をまげると痛みが強くなる……大腿神経痛
  • 太ももの外側から前面にかけて、焼けるような痛みやシビレがあり、知覚が鈍くなる……外側大腿皮(だいたいひ)神経痛、感覚異常性大腿痛
  • 太ももの内側や脚の付け根に痛みやシビレ……閉鎖神経痛

※神経の痛みは、整形外科や神経内科を受診してください。

 

血管やその他の原因は?

  • 歩くと下肢に痛みやシビレ、だるさがおこり休むとよくなる、足先が冷たい……閉塞性動脈硬化症
  • 不整脈があり、急に下肢の痛みや脱力、麻痺などがおき、足が紫色に……急性動脈閉塞症
  • 運動後や動き始めに、脚の付け根から、お尻や太ももに痛みがある……変形性股関節症の関連痛(原因と異なる部位の痛み)
  • 腰痛があり、お尻や太ももの前面、外側に漠然とした痛み……腰椎椎間関節症の関連痛
  • 成長期の男子が急に痛がり、数分から1時間ほどで治まる……成長痛(遊び疲れやストレスなどが原因とされる)
  • 消化器や泌尿器、生殖器の病気があり、腰痛を伴う太ももの痛み……内臓性腰痛(痛みが運動で悪化せず、安静で軽減しない)

※血管内科、循環器科、整形外科、消化器科、泌尿器科、婦人科などを受診してください。

 

高齢者の4大骨折の1つ「大腿骨頚部骨折」

 

大腿骨頚部骨折は、股関節のすぐ下の細いくびれ(頚部)と骨の出っ張り(転子部)周辺の骨折です。

高齢の女性に多く(男女比 1:4)、原因の95%は転倒とされています。

 

受傷直後から、太ももの付け根が激しく痛み、立ち上がれなくなります。

まれに歩行可能な場合もありますが、無理に動かすと骨がずれやすいので、急ぎ整形外科を受診しましょう。

 

本骨折は、骨がつきづらく、血管の損傷があれば壊死のリスクも高いので、患者さんの体力が許す限り手術の適応となります。

術後、寝たきりにならないためには、早期のリハビリテーションが必須です。

手術の翌日からベッドに座る訓練を開始し、その後車イスへの移乗、歩行訓練へとすすみます。

 

特に高齢者においては、長期臥床に伴う合併症(深部静脈血栓症・肺塞栓症・膀胱炎・床ずれ・認知症など)が起こりやすいので、要注意です。

骨粗鬆症の治療と適度な運動、転倒防止のための環境づくりなどが予防になるでしょう。

 

※4大骨折:橈骨遠位端骨折(手首)・上腕骨近位端骨折(肩)・脊椎圧迫骨折(背骨)・大腿骨頚部骨折

 

歩くと痛み、休むと楽になる疾患は、「腰部脊柱管狭窄症」と「閉塞性動脈硬化症」

 

中年以降で、歩くとお尻や太もも、ふくらはぎやすねに、痛みやシビレなどが生じる疾患です。

長い時間歩けませんが、休めばまた歩けるようになるのが特徴です。(間欠跛行:かんけつはこう)

 

腰をかがめて休めば、また歩ける腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

太ももが痛む坐骨神経痛の原因はさまざまですが、腰では腰椎椎間板ヘルニア や 腰椎分離症 、 腰椎すべり症 や腰部脊柱管狭窄症などが多いでしょう。

なかでも、近年MRI検査の普及により、腰部脊柱管狭窄症の診断を受ける患者さんが急増しており、70歳以上の半数近くが患うと言われています。

 

腰部脊柱管狭窄症は、加齢や重労働、スポーツなどで脊髄の通り道(脊柱管)が狭くなり、足にいく神経が圧迫されて発症します。

治療の初期は薬物療法やブロック注射、理学療法などの保存療法が施されますが、症状が悪化して日常生活に支障があれば、手術も検討されます。

 

歩行中痛くなったら、腰かけるかしゃがんで、腰を曲げる体勢をとり休むと、また歩けるようになります。

また、ステッキや手押し車を使うと、比較的楽に歩けるので、痛くない範囲で歩行を続けることが、この疾患と上手に付き合う一つの方法でしょう。

腰部脊柱管狭窄症の症状と原因、治療について徹底解説!

2017.11.20

 

姿勢に関係なく、休めばまた歩ける閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)

閉塞性動脈硬化症も「間欠跛行」がみられますが、腰を屈めなくても、休めばまた歩けるようになります。

脚の血管に動脈硬化がおこり、動脈が狭くなったり塞がってしまい発症、足への血行障害による症状があらわれます。

 

太ももの付け根や膝裏、足のくるぶしや足の甲で、動脈の拍動が減弱あるいは消失します。

足先が冷たくなりシビレや間欠跛行が生じ、やがて安静時も刺すような痛みに悩まされるでしょう。

さらに悪化すると、潰瘍や壊死に至り、切断するケースもあるので、注意が必要ですね。

 

両腕と両足の血圧の比率や血管エコー検査、造影CT検査などで診断します。

血液を固まりにくくする薬や血管を拡げる薬などが処方され、運動療法と禁煙が指示されるでしょう。

薬物療法などで改善しなければ、カテーテル治療とバイパス手術が検討されます。

動脈にカテーテルを入れて、風船で血管を拡げたり、ステント(網状の筒)で血管を内側から支えて、血流を改善します。

バイパス手術は、人工血管や自分の足の静脈で、新しく血液の道を作って血流を確保します。

 

動脈硬化は、脚に限らず全身におこる病変です。

脳の血管の動脈硬化は脳梗塞、心臓では狭心症や心筋梗塞の原因となるので要注意です。

 

閉塞性動脈硬化症は、肥満や高血圧、糖尿病や脂質異常症、喫煙やストレスなどが関与する生活習慣病です。

治療と予防には、食事や運動など日常生活の見直しも重要と言えるでしょう。

 

太ももの痛みに効くセルフケアは?

ご自宅でできる、トリガーポイント治療は、痛みを和らげる助けになる場合があるので、担当医に相談のうえ、ぜひお試しください。

トリガーポイントとは、痛みの原因となる筋肉のしこりで、必ずしも痛い部位と一致しません。

トリガーポイントは、押すと離れた部位にひびいたり、症状が再現する治療ポイントです。

 

代表的なトリガーポイントを目安に、ロープ状に緊張した筋肉の中から、押すとひびく「しこり」を見つけてください。

痛きもち良い強さで、トリガーポイントを20~30秒押します。

ひびく感じが弱くなってきたら、少しずつ押す強さを増していってもよいでしょう。

また、「5秒押して、3秒離す」を繰り返す方法も有効です。

なお、押すと創口を触るような個所は、炎症があるので、押さないでください。

※太ももの痛みの原因となる疾患があれば、その治療を優先してください。

 

太ももの痛みの部位別に代表的なトリガーポイントをあげますので、その周辺を探ってみて患部にひびくしこりがあれば、そこが治療点です。

 

太ももの前の痛みのトリガーポイント

  • 太もも内側の筋肉の中央
  • 骨盤前面の骨の出っ張り(上前腸骨棘:じょうぜんちょうこつきょく)の上方
  • 上前腸骨棘と恥骨を結ぶ靭帯の中央から指幅3本下
  • 上前腸骨棘の内下方
  • 太もも前面の筋肉の中央

 

太ももの後の痛みのトリガーポイント

  • 太もも後面の筋肉の中央、やや外側と内側
  • 尾骨先端と、太もも外側の骨の出っ張り(大転子:だいてんし)を結ぶ線の中間点とその少し上
  • 大転子の少し上

 

太ももの外側の痛みのトリガーポイント

  • 太もも前面の外側で、膝の皿から指幅3本上
  • 上前腸骨棘の外下方
  • 大転子の少し上
  • 腰椎の骨の出っ張りから、指幅1.5~3本外側
  • お尻の下の横じわ付近

 

太ももの内側の痛みのトリガーポイント

  • 太もも内側の筋肉の中央
  • 太もも前面の内側で、膝の皿から指幅3本上
  • 上前腸骨棘の内下方

 

坐骨神経痛の特効ツボは

 

ツボの位置は、トリガーポイントと共通する場合が多いので、併用すれば効果が期待できます。

  • 腎兪(じんゆ)……へその裏側から、左右に指幅2本外側
  • 志室(ししつ)……へその裏側から、左右に指幅4本外側
  • 陽関(ようかん)……骨盤の上端を結ぶ線と交差する背骨突起のすぐ下
  • 大腸兪(だいちょうゆ)……陽関から左右に指幅2本外側
  • 胞肓(ほうこう)……背骨の下にある仙骨の上から2つ目のくぼみから、指幅3本外側
  • 環跳(かんちょう)……股関節を深く曲げたときに、お尻の外側にできるしわの前側先端
  • 殷門(いんもん)……お尻の下の横じわ中央と、膝裏の横じわ中央を結んだ線の中間点
  • 委中(いちゅう)……膝裏の横じわの中央

 

※神経痛には温熱療法が有効なので、ツボに「せんねん灸」のような温灸を利用してもよいでしょう。

 

普段と違う太ももの痛みやシビレがあれば整形外科へ

 

太ももの痛みを見てきましたが、原因は本当にさまざまですね。

なかでも注意が必要なのは、高齢者が転倒したときの「大腿骨頚部骨折」で、2030年には患者数が30万人に急増すると推測されています。(大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドラインより)

 

また、思い当たる原因がないのに、太ももが腫れて痛むときは、腫瘍も念頭におき、早めに専門医を受診することをおすすめします。

安静時や夜間の痛みが強く、症状が進行性の場合は、何らかの病気が隠れている可能性が高いので、放置しないでください。

加齢や生活習慣による太ももの痛みも増加していますので、普段と違う痛みやシビレを感じたら、整形外科を受診してください。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です