「目・体・心」を患うVDT症候群とは?症状のチェックと治療や対策について







長時間のパソコンやスマホで、目の疲れだけでなく、体の痛みや痺れ、憂うつなどはありませんか?

その症状は、情報機器の普及により急増している「VDT症候群」かもしれません。

VDT症候群は、パソコンやスマホなどを長い時間使うことで、心身に不調が生じる病気です。

症状はにとどまらず、”体”や”心”にもおよぶのが、VDT症候群の特徴です。

 

目の疲れや肩こりなどは、ついつい目薬や湿布でしのぎがちですが、目や心身のトラブルから、さまざまな疾患に至ることもあります。

今回は、「目・体・心」を患うVDT症候群の、症状チェックと治療や対策などをお届けします。

 

VDTに囲まれた環境が生んだ現代病「VDT症候群」

パソコン、タブレット、スマホ、ゲームなどの表示機器を「VDT(Visual Display Terminal)」と呼びます。

「VDT症候群」とは、VDTの長時間使用により、目や心身に影響があらわれる病気のことです。

「テクノストレス眼症(がんしょう)」「IT眼症」ともいわれる現代病のひとつです。

 

VDT作業によって生じる「ドライアイ」や「眼精疲労」は、VDT症候群の目の主症状です。

ドライアイは、涙の量や質と分布の異常による、目の表面の疾患です。

眼精疲労とは、「疲れ目」の症状が改善せずに続き、目以外の症状も伴う状態のことです。

※ドライアイと眼精疲労の詳細は、こちらの記事をご覧ください。
「ドライアイの症状と原因、対策など ドライアイについて徹底解説」
「目がショボショボして疲れる!疲れ目や眼精疲労の原因と改善方法」

 

ドライアイや緑内障の患者さんは、長時間のVDT作業で病状が進行する場合があるので要注意です。

厚生労働省の調査でもVDT症候群の実態が報告されており、目や心身の症状の詳細や対策、労働時間との関係がわかっています。

これからも増加するであろうVDT症候群の対策には、労働衛生管理の観点に立った、企業や官公庁の取り組みが必須でしょう。

 

VDT症候群の目・体・心の症状は?

VDT作業は、目以外にも体や心にさまざまな症状をひきおこします。

 

「目の症状」

  • 目の疲れ
  • 視力が落ちる
  • 目の痛み
  • 目が乾く
  • 目がかすむ、ぼやける
  • 目がゴロゴロする
  • 目が充血する
  • 目が重い
  • まぶしい
  • 目やに
  • 涙が過剰にでる
  • まぶたがぴくぴくする

 

「体の症状」

  • 首肩こり
  • 首や肩、腕の痛みやだるさ
  • 背中の痛み
  • 手指のしびれ
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • 額の圧迫感
  • 不快感
  • 食欲不振
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 吐き気
  • 胃痛
  • 便秘
  • 生理不順

 

「心の症状」

  • イライラ
  • 不安感
  • 憂うつ(気分は落ち込むが、時間経過で回復する)
  • 抑うつ(気分が落ち込んだままで、意欲や気力が落ちる)
  • 無気力
  • 不眠

 

VDTを長時間使うことで目に症状があり、さらに体や心の症状がいくつか当てはまる人は、VDT症候群の可能性がありますので、眼科医の受診をおすすめします。

 

VDT症候群の原因は目への負担と、姿勢やストレス

VDT作業中は、ディスプレイとキーボードや資料などに視線を動かすことが多いため、遠近のピントを調節する筋肉(毛様体筋)や目を動かす筋肉が疲れて、眼精疲労をおこします。

また、作業に集中しているときは画面を凝視するために、まばたきの回数が減って目が乾きやすくなり、ドライアイの原因となります。

目が乾燥すると角膜や結膜に傷ができやすく、悪化させると感染性の角膜炎や結膜炎を発症する場合があるので、注意が必要ですね。

 

LEDディスプレイやLED照明に多く含まれる「ブルーライト」は、強いエネルギーを持つため、目や体に大きな負担をかけてしまいます。

網膜がダメージを受けて「加齢黄斑変性」の原因となったり、目の痛みや疲れ、睡眠障害などに影響を与えると考えられています。

 

作業中は長時間の同一姿勢や悪い姿勢をとるため、首肩や腕、背中や腰の筋肉・関節に負担がかかります。

筋肉疲労や血行不良、神経障害などがおきると、身体に多様な症状があらわれます。

また、全身の疲れがVDT症候群の原因となるケースも珍しくありません。

 

緊張やストレスにより自律神経がバランスをくずすと、心身の不調をひきおこします。

ストレスによりダメージを受けた精神状態が、VDT症候群発症のベースにあるとも言われています。

長時間の集中力が必要な作業や、正確かつ迅速に繰り返す作業、責任の重い仕事などが、心に負担をかけるのですね。

また、目の機能も自律神経に制御されているので、ストレスや体調不良の影響を強く受けます。

 

さまざまな病気が原因で、目や心身が不調になることも多いので、普段と違う症状を感じたら専門医を受診してください。

 

VDT症候群の主な検査

VDT症候群の主な検査は下記のような検査となっています。

  • 視力検査:5m視力検査で遠見視力、50cm(または30cm)視力検査で近見視力の測定
  • 眼位検査:斜視や斜位がないか調べる検査
  • 屈折検査:近視や遠視、乱視を調べる検査
  • 眼圧検査:緑内障などの発見
  • 調節機能検査:ピント合わせの機能を検査
  • 細隙燈顕微鏡検査:涙や目の表面の状態を調べる
  • 眼底検査:網膜疾患や視神経疾患の検査

 

 

VDT症候群の治療

 

眼科での治療を主に、症状に応じて各専門医の治療を受けましょう。

 

眼科では、薬物療法とメガネ・コンタクトの処方

VDT症候群治療の点眼薬は、人口涙液や抗アレルギー剤、ビタミン剤の配合された目薬などです。

内服薬は、循環改善や筋肉弛緩などの作用で、体や目の緊張を和らげます。

 

眼科では、VDT症候群の患者さんのために、メガネやコンタクトレンズを処方します。

初老期のVDT作業には「中近用」がすすめられるでしょう。

とくに40歳以降の老眼の人は、作業環境に適したメガネの選び方を、眼科医に相談することをおすすめします。

コンタクトレンズは、ソフトよりハードのほうがVDT作業に適しており、ドライアイ予防のために、適切な点眼薬の使用を指示されるでしょう。

 

VDT症候群の検診や治療を行う「VDT症候群外来」のある病院やクリニックが増えています。

目や心身の症状から、VDT症候群が疑われる場合は、近隣のVDT症候群外来を検索して、受診しましょう。

 

症状に応じて、各専門医の受診も検討しましょう

目の症状は「ドライアイや眼精疲労」、頭痛は「緊張型頭痛」、首肩腕の症状は「頚肩腕症候群」、手の痺れは「胸郭出口症候群」「手根管症候群」ととらえて、それぞれの疾患に応じた治療が効果的とも考えられます。

※新小岩わたなべクリニックの渡辺院長によると、VDT障害の主因は「頚肩腕症候群」とされています。

(参照:http://keikenwan.la.coocan.jp/karou/ksyokai014.html

 

緊張型頭痛

首肩コリやめまいなどを伴い、頭全体が締めつけられるように痛む、慢性頭痛です。

下向きなどの悪い姿勢やストレスなどで、頭を包む筋肉が収縮して発症します。

薬物療法や理学療法などで治療しますが、適度な運動やストレス解消で、首肩などの筋肉の緊張を和らげることも重要です。

※こちらの記事もご覧ください。
「つらい頭痛の原因は?頭痛に効くツボ、マッサージ、ストレッチを紹介!」

 

頚肩腕(けいけんわん)症候群

検査では異常がないのに、首肩腕の痛みや痺れ、頭痛や吐き気、めまいなどの症状がみられます。

治療は環境の改善と、薬物療法や理学療法などの対症療法が有効でしょう。

※こちらの記事もご覧ください。
「つらい肩の痛み!軽減させるコツは日々のストレッチ?」

 

胸郭(きょうかく)出口症候群

首から手までの神経や血管が、圧迫・締め付けられて、肩と腕や手に痛みや痺れなどが生じます。

薬物療法と運動療法、生活指導などで治療しますが、手術が検討される場合もあるでしょう。

※こちらの記事もご覧ください。
「腕の痛み!腕の痛みがおこる病気の症状や原因、治療法を解説」

 

手根管(しゅこんかん)症候群

手首にある神経の通り道が狭くなり、親指から薬指までの、手のひら側が痺れる、女性に多い疾患です。

治療は安静と固定、薬物療法やブロック注射などが行われ、難治性の場合は手術が検討されます。

※こちらの記事もご覧ください。

「指が痺れる?指の痺れで考えられる病気とは?指の痺れについて徹底解説!」

 

担当医にご相談のうえ、脳神経外科・神経内科・整形外科・ペインクリニック・心療内科などを紹介してもらいましょう。

 

VDT症候群の予防と対策は?

VDT症候群の予防には目をいたわることが重要です。パソコンワークなどの作業環境を見直しましょう。

 

まずは「休息とまばたき」

VDT症候群の予防には作業の間の休息が重要です。

1時間ごとに、10~15分はパソコンから離れて、別の作業をしたり休憩をとってください。

遠くをぼんやりと眺めたり、目をつぶって目を休めましょう。

休憩をとれない時は、短い時間でもよいので、時々キーボドやマウスから手を離して、ちょっとリラックスしたり、軽いストレッチをしてください。

 

蒸しタオルなどで、目を温めるのもおすすめです。

涙の油分の分泌を促し、涙の蒸発をおさえてくれます。

ピントを合わせたり、目を動かす筋肉の血行がよくなるので、目の疲労がやわらぎます。

なお、目が充血したり痛みが強いときは、温めないほうがよいでしょう。

 

VDT作業中のまばたきの回数は、平常の「3秒に1回」から「12秒に1回」に減るため、涙が蒸発しやすくなります。

目が乾かないように、作業中は意識してまばたきをしましょう。

 

作業環境を改善しましょう

VDT症候群の予防にはパソコンワークの作業環境を見直してみましょう。

  • 照明や外光が、画面に映り込まないようにしましょう。
  • 反射しないタイプのディスプレイを選びましょう。
  • 室内は均一の明るさにし、画面を適度な明るさに調整してください。
  • 明るい間接照明がおすすめです。
  • 画面と目は、40cm以上離し、視線はやや下向きで作業できるように高さを調整しましょう。
  • 画面と資料は、目との距離を同じくらいにします。
  • 机と椅子を体にあった適切な高さにして、無理な姿勢にならないように。(机の高さは60~72cm、椅子の高さは37~43cm、足の裏全体が床につき、作業中の肘の角度は90度以上になるように調整)
  • ノートパソコンは姿勢が悪くなりやすいので、外付けのキーボードやマウスを使用するとよいでしょう。

 

エアコンの風が目に直接あたらないように、目の乾燥に気をつけて、加湿器などを利用しましょう。

室温は17~28度、湿度40~70%が快適な作業環境とされています。

個人差はありますが、不快な温度や湿度はストレスと感じるので、涙の分泌が減ったり、首肩コリなどの原因になります。

 

目に優しいディスプレイやレンズを使用しましょう

VDT症候群の予防にはブルーライトをカットするフィルムやメガネ、ソフトやアプリの利用をおすすめします。

ディスプレイのVDTモード機能を利用したり、画面がちらつかないディスプレイや大型化も検討してみてください。

 

メガネやコンタクトレンズは、定期的に検眼し、適正な度数のものを使用しましょう。

VDT作業用のレンズが発売されているので、眼科医や眼鏡店に相談してみてください。

(例:HOYAリマーク、SEIKOインドアPCなど)

 

睡眠や栄養にも気をつけましょう

寝る前にパソコンやスマホ、テレビなどを見ると、自律神経の交感神経が優位になり、寝つきが悪くなります。

睡眠不足は、目や身体の休息と回復を妨げます。

就寝前はVDTに触れないようにし、寝具や照明などを調整して、良質な睡眠をとるようにしてください。

 

強引なダイエットや偏食は、目の健康をおびやかします。

目の機能を維持する「ビタミンB群」や、視力に影響する「ビタミンA」が不足しやすので要注意です。

「アントシアニン」や「βカロチン」などは、目の機能を改善してくれるので、食品から積極的に摂取してください。

お酒やたばこは、ビタミンを破壊するので、なるべく控えたほうがよいでしょう。

 

子供のVDT症候群はゲームから

お子さんが長い時間ゲームで遊んでいると、目や身体の健康が心配になってきますね。

今の子供たちは、テレビゲームやポータブルゲーム、パソコンやスマホなど、VDTに囲まれた生活をしています。

長時間(1時間以上)のゲームは、VDT症候群や近視になるリスクを高めますので、生活指導などの対策をおすすめします。

  1. ゲーム時間を30分以内にする
  2. 屋外での適度な運動
  3. 栄養バランスのよい食事

上記の3つを意識するようにしましょう。

ゲームやパソコンばかりにならないように注意しましょう。

 

心身の健康や作業効率のためにも休息を

 

悪い姿勢でパソコンやスマホの画面を見続けると、目・体・心に不調をきたす「VDT症候群」に陥るかもしれません。

オフィスワーカーの心身の疲れは、パソコンの作業時間に比例すると言われています。

また、パソコンで45分以上の入力作業を行うと、ミスが増えて作業効率が低下することも解っています。

仕事におけるパソコン作業は避けられませんので、出来るだけ目に優しい環境に改善し、1時間に1回は休憩をとってください。

そして休息の時間だけでも、スマホやゲーム、テレビなどから離れて、目を労わってあげましょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です