低コストで格安SIMを利用するなら白ロムがオススメ!メリットや注意点を解説




格安SIMを利用し始める際に多くの人にとってネックとなるのが端末代です。

SIMフリー端末をセットで購入する人が多いと思いますが、端末代は決して安価ではなく高額の初期コストがかかってしまいます。

 

そこで、できるだけ初期コストを抑えて格安SIMを使いたいと考える人におすすめしたいのがSIMフリー端末をセットで購入するのではなくキャリアモデルの白ロムを購入する方法です。

本記事では、白ロムの購入方法やメリット、購入時の注意点などについて詳しく解説していきます。

 

そもそも白ロムって何?

まずは白ロムとはどのような端末のことを指すのかについて確認していきましょう。

白ロムとはSIMカードが入っていない状態の端末のことをいい、格安SIM業界では主に大手携帯キャリアから購入し、キャリアとの契約が切れている状態の端末のことを指して言います。

 

格安SIMはSIMフリー端末で利用するのが主流ですが、SIMロック解除済の大手携帯キャリアの端末も問題なく利用できますし、SIMロックが解除されていない白ロムでも販売元のキャリアと格安SIMが借りているキャリアの回線が一致していれば原則利用できます。

 

格安SIMが登場し始めた頃はほぼ100%がdocomoの回線を借りたプランを提供しており、docomoから販売された白ロム以外は使いみちが殆どありませんでした。

しかし最近ではau回線を借りたプランも充実してきていますし、SoftBank回線を借りたプランも少しずつ増えてきています。

そのため、どのキャリアの白ロムも現在では格安SIMでの運用が可能であり、その市場価値もどんどん高まっています。

 

白ロムを購入するメリット

大手携帯キャリアから販売された白ロムは未使用品や中古品などが市場に出回っており、比較的容易に購入できます。

 

白ロムは価格が安い

白ロムを購入する最も大きなメリットは価格の安さです。

SIMフリー端末と同等程度のスペックを持つ未使用品の白ロムの方がSIMフリー端末よりも割安で購入できるのです。

 

メインの端末とは別に2台目や3台目などの端末を安く購入したい場合に便利ですし、業務用に安くiPadを購入したいと考える場合にもおすすめです。

また現在キャリアでは取り扱いが終わってしまったものの、未だに根強い人気があるXperiaTabletなども白ロムとして購入できるので、SIMフリー端末のみから選ぶよりも遥かに選択肢が広がるメリットもあります。

 

白ロムを購入する際のポイントと注意点

 

白ロムと格安SIMをセットで利用した場合、多くのメリットが享受できますが、その一方で白ロムを購入する際には注意点もあります。

特に気をつけなければならないのが赤ロム化です。

赤ロム化とはキャリアからネットワーク通信ができないように制限がかけられた端末のことを言い、赤ロム化した端末は格安SIMでの運用ができません。

 

どうして赤ロム化するのか?

キャリアから分割払いを出端末を購入し、割賦支払いが済んでいないにもかかわらず新古品や中古品として売りに出されている端末が赤ロム化してしまう可能性が高いです。

 

そのような赤ロム化する恐れのある白ロムを掴まされないようにする為に、購入前にネットワーク利用制限がかけられている端末ではないか調べるようにしましょう。

 

赤ロム化の可能性があるか調べる方法

ネットワーク利用制限については各キャリアの公式サイトに端末の製造番号を入力することで確認できます。

ネットワーク利用制限が○の端末であれば基本的に大丈夫ですが△や☓になっている端末は購入しないのが懸命です。

 

 

白ロム販売店の中にはもしも購入した端末が赤ロム化した場合には交換・返金保証をしてくれるとこもあるので、そのようなショップで購入すると安心です。

またバッテリーの劣化具合やボタンの反応具合なども事前にショップに確認しておくようにしましょう。

 

白ロムの購入方法



白ロムの購入方法は店頭窓口で購入する方法とネットで購入する方法があります。

 

店頭窓口で購入メリットとしては端末を実際に確認できる点が挙げられます。

傷の具合を目視できますし、実際に端末を手にとって確認できます。

また、もしも購入後に不具合があった場合にも迅速なサポートが期待できるので低リスクで白ロムの購入ができます。

ゲオやソフマップなどのお店へ行けば店頭窓口で白ロムの購入ができます。

 

一方でネットで購入するメリットは豊富なラインナップから端末を選べる点が挙げられます。

場所や時間に関係なく端末を選べますし、複数の業者を比較しながら購入できるのでより安く白ロムの購入ができるのも大きな利点と言えるでしょう。

ネットでは様々な事業者から購入できますが、イオシスやムスビー、ノジマオンラインなどが初心者でも安心して利用できるのでおすすめです。

ムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイト

白ロムと相性の良い格安SIM

 

白ロムを購入したあとはどの格安SIMを契約するのかが大きなテーマとなります。

白ロムに使うのにおすすめの格安SIMは、端末とのセットで購入しても大幅な端末割引が受けられないものの基本使用料が安いものがおすすめです。

具体的にはイオンモバイルDMMモバイルLINEモバイルなどが良いでしょう。

イオンモバイル公式サイト

格安スマホなら!DMMモバイル

LINEモバイル公式サイト

 

また、音声通話SIMを契約するのであればワイモバイルもおすすめです。

ワイモバイルはオンラインストアでSIMカードを単体で申し込むと「SIM単体契約特別割引」という割引サービスが適用され、プランSであれば最大で9,600円、プランM/Lであれば最大で14,400円基本使用料が安くなります。

ワイモバイルとお得に契約したい場合には白ロムを活用するのも有効と考えられます。

ワイモバイルをあなたの手に

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です