部下に対する言葉遣いで注意するポイント これだけは言ったらダメ!







部下を持つ上司としては、部下への接し方で悩みを持つものです。

特に、部下に問題があった時の注意の仕方、言葉遣いは、少し間違えるだけで部下を傷つけてしまいます。

 

そうしたタブーともいえる言い方をしてしまうと、部下との信頼関係は崩れ、部下は仕事に身が入らなくなり、業務が停滞してしまいます。

 

それを避けるためにも、部下を指導する際の言い方に悩む上司に向けて、この記事では、部下への言葉遣いを適切にして信頼関係を築きやる気を引き出すための4つのポイントをご紹介します。

 

タブーが何かが理解できれば、自ずと適切な言い方もわかってきますので、部下と接する際に気を付けてみて下さい。

 

1.部下を追いつめる言い方は避ける

 

部下が仕事で失敗をしたとします。

たしかに、何度言っても同じミスを繰り返す場合には、ある程度厳しい言い方も必要になります。

 

しかし、前向きに挑んで上手く行かなかったというケースもあります。

それなのに、「なぜダメだったんだ」「どうしてこうなった」「どうすべきなのかよく考えろ」などと詰問されると、部下は萎縮し二度と挑戦しようとしないでしょう。

 

このように部下を追いつめる言葉を発するのはタブーです。

原因や対策を考えさせるにしても、まずチャレンジしたことをほめたうえで、「何がネックなんだろう」「次はどうしてみようか」などと、共に考える言い方をしてみましょう。

 

部下を追い込む言葉遣いはタブーだと理解したうえで、部下の意欲を改めて引き出す言い方をすることが大切です。

 

2.部下が成長していない印象を受ける表現は用いない

 

部下が一人前になるには、ある程度時間がかかります。

特に新人の頃は、知識や経験が不足していて成果も上がらず、本人も焦っており、周りも見ていてもどかしくなります。

 

しかし、前向きに仕事をしている限り、毎日少しずつでも成長しているはずです。

それなのに「また君か……」「いつになったら出来るようになるんだ」などと苛立つと、部下も進歩を否定されたようでショックを受けます。

 

このように部下が成長していない印象を受ける言葉もタブーです。

この場合も、意欲的に取り組む姿勢は認めたうえで、「前より〇〇の点でよくなっているんじゃない?」などと、少しでも成長した点を見つけてあげましょう。

 

部下が停滞しているかのような言い方はタブーだと認識し、むしろ成長を促す言葉を用いるよう心がけましょう。

 

3.部下に落胆して見限るような言葉を使ってはいけない

 

上記のように、部下がなかなか成長しないと、期待外れだなと思い、上司としては失望するかもしれません。

特に仕事が出来る上司なら、過去の自分と比べて物足りなさを感じるでしょう。

 

しかしそこでため息交じりに「君は○○さえやっておいてくれればいいから」と単純作業に担当を替えたり、「もういい。後は私がやるから」などと匙を投げたりすると、部下は申し訳なさを感じると同時に見捨てられたと思うでしょう。

 

このように、部下に対してがっかりし見限るような言葉もタブーになります。

「こういうやり方でやってみたら?」などと、別の視点から突破口を見出すようにヒントを与えるなど、粘り強くサポートする姿勢を見せましょう。

 

部下に二度と期待しないような言葉はタブーだと頭に入れ、やる気がある限り見捨てない気持ちを表しましょう。

 

4.他の部下と比較して注意してはいけない

 

部下も複数いれば、成果を上げられる者とそうでない者に分かれます。

上司としては両者を見れば、つい比べてしまい、前者が素晴らしいと評価し、後者に冷たく当たりがちになります。

 

しかしそこで、「〇〇に比べて、君はどうしてこうなんだろうね」「○○だったら、とっくに出来ているよ」などと、優秀な部下と比較した言葉を投げかけると、言われた部下は悔しさや屈辱感を抱いてしまうでしょう。

 

よって、このように他の部下と比較して注意するのもタブーです。

あくまでも、その部下自身の態度、成果、今後の可能性などに注目して、叱咤激励する言葉をかけるべきです。

 

他人との相対評価でものを言う姿勢はタブーだと自覚し、本人自身に対する絶対評価で判断し励ましましょう。

 

部下への言葉遣いひとつで、部下との関係や部下の意欲は変わる

 

部下が何か問題を起こした時、注意や指導はもちろん必要ですが、タブーとなる言葉遣いをしないよう気を付けなければなりません。

部下を追いつめる言い方はせず、部下をもう一度やる気にさせる言葉をかけましょう。

 

また、部下の進歩を否定する言い方も避け、むしろ成長を促す表現を心がけるべきです。

さらに、どんなに部下の出来が悪くても、決して落胆して見限る言葉は発せず、とことん付き合う姿勢を見せることが大切です。

 

なお、部下も人間なので、他人と比較されて駄目出しされると屈辱を感じます。

そのような比較はやめて、本人自身のプロセスや結果に着目して励ますべきです。

 

このように、部下に言葉をどうかけるかで、部下の気持ちは左右され、信頼関係にも影響が出て、部下が意欲をさらに持てるかが決まってしまいます。

そのことを念頭に置き、タブーの表現は避けて、部下のやる気を引き出す言い方をしていきましょう。












<script>

よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です