20~30代女性の転職活動。注意したい5つのポイントと成功への近道とは







20~30代女性の転職活動の場合、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

そのポイントを押さえておかなければ、あなたの転職活動はうまく進まないでしょう。

 

また転職が長期化してしまう事も考えられます。

この記事では20~30代女性の転職活動において、注意しておきたいポイントを5つ厳選して紹介しています。

このポイントを理解し、実践することで転職成功への近道となるでしょう。

 

自分の求める転職の「成功」とは何かを明確にする

 

20~30代女性の転職を成功させる為には、自分自身にとっての「成功」を予め設定しておくこと必要があります。

転職したいと思ったのであれば、必ずそのきっかけとなる出来事があったはずです。

それが人間関係によるものなのか、金銭面や福利厚生によるものなのかは人それぞれ違います。

 

ですが、転職を決意したきっかけが必ずあるはずなのです。

そしてその理由とは、共通して「不満」から成り立っています。

この不満を解消出来てこそ、あなたの成功となるのです。

 

給料に不満があり退職する場合であれば、今よりも給与額が高い会社を見つけなければいけませんよね。

人間関係に不満があって退職した場合には、社内トラブル窓口を設置している会社を見つける必要もあります。

社内トラブル専用窓口を設けている会社は、基本的にハラスメント関係の社内規定が定められています。

現在は年齢や血液型を聞く事さえ、ハラスメントと位置づけられています。

また女性であれば、男性よりもハラスメント被害を受けることもあるでしょう。

 

そういった不満から退職を考えたのであれば、必ずハラスメント規定や対策が行われている会社を選ばなくてはいけません。

 

希望する職種の倍率を把握する

 

20~30代女性に圧倒的な人気を誇っている職種があります。

それは事務職です。

 

求人を探す際、業種を指定せず事務職だけを探している人も多いのではないでしょうか。

しかし、事務職は最も人気の高い職種であり、狭き門となっているのです。

 

転職サイトでは、1つの求人には対して応募数が100人を超えることも珍しくありません。

転職活動において、平均応募数は約20社程度とされていますが、事務職の場合は更に多くの応募が必要となります。

事務職の有効求人倍率は2017年4月の発表で、0.36倍となっています。

 

つまり。100人応募してもその内の約36人しか職を手にすることが出来ないのです。

1000人で計算すると、640人は不採用となってしまうのです。

この数字を見ると、事務職がいかに狭き門であるかお分かり頂けたと思います。

その為、求人を探す際には事務職だけにこだわらず、多くの求人に目を通すようにしましょう。

 

転職活動の結果に対して一喜一憂しないこと

 

転職活動において、不採用通知が届くことは日常茶飯事です。

転職活動の平均応募数は約20社程度とされているので、その内19社は皆不採用をもらっているのです。

あなただけが不採用をもらっているわけではありません。

その為、不採用通知が届くたびに落ち込んではいけないのです。

 

その逆もまた然りです。

 

書類選考を通過し、面接に呼ばれただけで喜んでいてはいけません。

転職は「内定」をもらわなければ、最終面接まで進んでも安心出来ないのです。

また最終面接で落ちた場合と、書類選考で落ちた場合、精神的に受けるダメージも全く違ってきます。

 

その理由は、最終面接まで進んでいる会社があると、応募する手を止めてしまうからです。

その為、最終面接で不合格だった場合、次の会社をまた1から探さなくてはいけなくなります。

ここで一気にモチベーションが低下してしまうのです。

 

転職活動は常に活動し続けることが大切です。

正式に内定をもらうまでは、一喜一憂しないよう心掛けましょう。

 

面接時の化粧はナチュラルメイクでいくこと

 

20~30代女性の転職活動では、絶対に気を付けたいことがあります。

それは、面接時の化粧です。

面接において濃い化粧は、あなたの印象を悪くしてしまいます。

それは面接では外見も重要な審査ポイントだからです。

 

会社は学校ではありません。

営利を目的とした組織なのです。

これは入社してからも同様です。

その為、社会人として正しい化粧のマナーを身に付けておきましょう。

 

寿退社の懸念を払拭させる

 

20~30代女性の転職活動の場合、面接官は寿退社を懸念している場合があります。

現在は結婚の予定やパートナーの有無など、プライベートに関わる質問は一切出来なくなっています。

しかし、20~30代となると結婚的適齢期の年齢であることは事実です。

 

企業側は長く働いてくれる人材を採用したいと思っている為、企業側が抱えているその不安材料を払拭させる必要があります。

それは、「あなたがこの会社にかける熱い想いを伝える」ことです。

この時、間違っても結婚時期などについてのワードを出してはいけません。

自分が希望する仕事を、最後までやり遂げるという強い気持ちを面接官に伝えるのです。

 

そうすることで、あなたの熱意が相手にも伝わり、相手の抱えている不安材料を払拭することが出来ます。

 

まとめ

 

ここで20~30代女性の転職活動を成功させる為のポイントをまとめます。

  1. 自分の求める転職の「成功」とは何かを明確にする
  2. 希望する職種の倍率を把握する
  3. 転職活動の結果に対して一喜一憂しないこと
  4. 面接時の化粧はナチュラルメイクでいくこと
  5. 寿退社の懸念を払拭させる

 

転職を決意した時には、まず転職においての「成功」を明確にしておきましょう。

最終的な着地点さえ見つかっていれば、あとは行動するのみです。

 

そして、行動した結果不採用が続いてしまっても一喜一憂してはいけません。

応募する手を止めなければ、良い会社に巡り会うことも出来るのです。

面接はナチュラルメイクで、できるだけ寿退社の不安を払拭させましょう。

 

是非転職を成功させて、理想の未来を自分自身で掴み取りましょう。

 

こちらの記事も参考にしてみて下さい!

転職活動に有利な時期ってあるの?転職活動におすすめな時期とその理由を解説

2017年7月13日









よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です