梅干しで美肌効果?梅干し化粧水の作り方を紹介!







昔から日本人は、梅の開花とともに春の訪れを感じてきました。そして梅の実が熟する頃に降る雨を梅雨と呼んで季節感を表しました。

また、古くから梅の花の気品のある色と香りを鑑賞する習慣があり、万葉集でも梅の花を題材とした歌が読まれています。

日本では梅は心安らぐものとして長く愛されている植物です。

 

このように昔から心安らぐ植物として親しまれている梅ですが、梅から抽出した梅果実エキスは、透明感とハリのある健やかな肌へと導いてくれ、心身を豊かに保つための手助けになるということをご存じでしょうか。

例えば、日焼けを早く解消したいときや、加齢や紫外線等でシミ、シワが気になってきたという場合に、梅干し化粧水や梅干しの種の化粧水を使用すると肌の調子を整えてくれます。

梅干しに含まれているクエン酸やミネラルがあなたの皮膚の血行を改善し、新陳代謝を高めて肌のトラブルを解消し、老化を防いでくれるのです。

 

梅干し化粧水と梅干しの種の化粧水には、日本酒を使用しますが、日本酒にも肌をつるつるにする効果があると言われています。

今回は、食べて良し、飲んで良し、そしてつけて良しの梅干し化粧水と梅干しの種化粧水を皆さんにご紹介いたします。

 

梅干し化粧水

用意する材料

作り方はいたって簡単です。まずは5~6個の梅干しをご用意ください。梅干しは、ご自身のホームメイドの梅干しがおすすめですが市販の梅干しを使用の際には合成着色料を使用使用していないものがのぞましいと言われています。そして日本酒またはホワイトリカーを200mlと精製水またはミネラルウォーターを200ml用意して下さい。

  • 梅干し5~6個
  • 日本酒またはホワイトリカー200ml
  • 精製水またはミネラルウォーター200ml

 

作り方

  1. 梅干しを生温かい温水に2~3日つけて塩抜きをします。
  2. 塩抜きした梅をざるに上げて水をしっかりときって、広口の瓶に入れます。
  3. 梅を入れた広口ビンに、日本酒またはホワイトリカーを注ぎます。
  4. 広口ビンにふたをして、冷暗所に1週間置きます。
  5. 梅干しを取り出し、液をガーゼ等でこします。
  6. 同量の精製水またはミネラルウォーターを入れて薄めたら完成です。密閉型の容器に入れて冷蔵庫で保存します。

 

入浴の後に、清潔になった肌に丁重にマッサ―ジをするように使用しましょう。

梅干し化粧水を使用していると、肌がしだいにすべすべしてくるのが実感できるでしょう。

肌のシミやシワの改善や乾燥肌のトラブルにも大変役立ちます。特に、ガサガサになった肌の改善には効果があります。

 

化粧水として使用するには、梅干しの塩抜きすることが重要です。塩抜きをすることによって肌への刺激が少なくなります。

肌の弱い人だけでなく、普通肌の方も塩抜きは必要です。

 

また、梅干し化粧水には、日本酒の他にホワイトリカーをも使用可能です。

日本酒の場合には、糖やアミノ酸が含まれることから、保湿効果を期待できますし、ホワイトリカーの場合には、サッパリとしたくせのない化粧水ができます。

ホワイトリカーは、夏場の化粧水としてサッパリ感を期待できます。ただ日本酒やホワイトリカー自体、肌に合わない方もごく稀にいらっしゃるようですので、ご使用の際には腕の内側などの皮膚に梅干し化粧水を塗って炎症がでないことを確認してから使用するようにしましょう。

 

梅干しの種で作る化粧水

梅干しの種で作る化粧水も作り方は簡単です。

作り方

  1. 食べ終わった後の梅干しの種をしっかり洗って水気を切っておきます。
  2. 水気をきった種を日本酒に漬け込んで1週間後に化粧水として使用できます

 

こちらも梅干しで作った化粧水と同様、入浴の後などの清潔な肌に使用するようにしましょう。

肌のシミやシワの改善や乾燥肌のトラブルに役立ちます。

 

ところで、梅の種の中身について皆様はご存じでしょうか?

昔から梅の種には、毒があるとされています。

「梅は食うとも核(さね)食うな、中に天神寝てござる」というようないましめの言葉もあるほどです。

この毒というのは、青梅の仁(核の中身)にわずかですが含まれている青酸のことです。青酸と言っても、アミグダリンという青酸配糖体(青酸を持つ物質)のことで、これが酵素(化学変化を促進する物質)の作用で分解すると青酸が生じるので、このことから青酸が含まれていると言われています。

未熟な青梅は核が柔らかいので砕けやすく青梅をガリガリかじると、核が砕けそのために発生した青酸のせいでお腹が痛くなります。

 

この青酸は最初は果肉の中にあって、実を害虫から守り、実が完成したら今度は種に移って、種を守る働きをしています。

梅が完熟することによって果肉の毒は自然に消滅してしまいますので完熟した梅の実ならば生で食べても大丈夫です。

また、梅干しにすれば種の毒も消えてしまいますので、梅干しの種の中身は食べても大丈夫になります。

 

まとめ

今回ご紹介した梅干し化粧水を1日に2回は顔につけると、乾燥してカサカサだった肌はしっとりし、吹き出物もすぐに治ってしまいます。

冬場などの炊事場で手が荒れた時にもおすすめします。

また、肌に良いばかりでなくしもやけをも改善、予防する効果もあるようです。

これは梅の殺菌作用と塩の収れん作用のおかげです。皆さんも是非ご利用ください。

※肌に合わない方もごく稀にいらっしゃるようですので、ご使用の際には腕の内側などの皮膚に梅干し化粧水を塗って炎症がでないことを確認してから使用するようにして下さい。












よろしければシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です